iPhone 12には双方向充電の機能が搭載か?FCCの内容から推測

投稿日:

by しんや

iPhone12シリーズが新型AirPodsのワイヤレス充電を実現している可能性があります。

米国連邦通信委員会(FCC)に提出されたiPhone12の資料から推測された情報です。

iPhone 12にはリバース充電の機能が?

iPhone12に関する資料から、本体の背面を通じてワイヤレス充電することができるだけでなく、外部アクセサリを充電するための360kHzのワイヤレス充電機能が備わっている可能性が指摘されています。

新しいMagSafeの機能が、AppleのFCCの資料に隠されていました。「WPT充電器(ワイヤレス)で充電できることに加えて、2020年のiPhoneモデルは、外部のアクセサリを充電するために、360kHzでのワイヤレス充電機能もサポートしています。」

実は同様のリバース充電に関する部品はiPhone11の段階で搭載されていることが確認されています。

しかし、昨年のiPhone 11に関するFCCの資料には、リバース充電に関する記述がなく、ソフトウェアの面でも完全に無効化されていることが確認されています。

また、iPhone12の発表会でもリバース充電に関する機能について、言及はありませんでした。

そのため、Appleがリバース充電の開発に取り組んでいることは明白ですが、残念ながら現時点は実現していません。

やはり、リバース充電の品質が、Appleの期待するレベルに到達していないことが理由と考えられています。

AirPodsの充電なども可能に

もしもリバース充電の機能が実用化されれば、AirPodsの充電なども気軽にできるようになると期待されています。

実際、iPhone12にはMagSafeという機能が追加されており、これはAppleWatchの充電器に似たものがあります。

出先で急にアクセサリ類に電池がなくなる場合もあるでしょう。また、AppleWatchようの充電ケーブルを持ち歩いていない場合も多いでしょう。

そのため、iPhoneの本体から、AppleWatchやAirPodsを充電できる機能は意外と多くの人に需要があるのかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事