iPhone 12のバッテーリテスト結果が判明、5G通信が大きな足枷に

投稿日:

by しんや

一足先に発売されたiPhone12と12 Proに関して、バッテリーテストの結果が出たようです。

4Gと比較して5Gを使用した場合、かなりバッテリーの持続時間に影響があったようです。

iPhone 12のバッテーリ持続時間は?

Tom’s Guideは、2つの新しいiPhone(12 / 12 Pro)に対してバッテリーの持続時間をテストしました。

バッテリーのテスト手法は、150 nitの画面の明るさでウェブサイトを閲覧し、30秒ごとに新しいサイトを立ち上げバッテリーがなくなるまで続けました。

結果は以下の通りです。

  • iPhone12は4G通信時、10時間23分
  • iPhone 12 Proは4G通信時、11時間24分

比較のためにiPhone11の結果も示します。

  • iPhone11は4G通信時、11時間16分
  • iPhone 11 Proは4G通信時、10時間24分

興味深いことに、iPhone 12は11に比べるとバッテリーの持続時間が1時間ほど短くなっています。

ただし、Proの方は逆に1時間ほど持続時間が増加しています。

5G通信はバッテリー持続時間に深刻な影響

一方、5G通信時のバッテリーテストは特筆すべき結果になりました。

以下が、同じテスト内容で、通信を4Gから5Gに変更したテストです。

  • iPhone12は5G通信時、8時間25分
  • iPhone 12 Proは5G通信時、9時間06分

どちらも、4G通信の時に比べると2時間近くバッテリーの持続時間が減っています。

5G通信がバッテリーにかなり大きな影響を与えていることが分かりますね。

ただし、Appleはこれらの問題を認識しているため、iPhone 12には低速と高速通信を自動的に切り替え、バッテリーの節約に繋がるような機能も搭載しています。

そのため、5Gを使えばバッテリーがこのテストほど極端に短くなることはありませんが、それでも節電したいときは積極的に4Gを使った方が良いでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事