iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxのメモリやベンチスコアが判明

投稿日:

by しんや

先日発表されたばかりのiPhone12シリーズですが、メモリやベンチスコアが判明したようです。

新しいiPhoneの性能を図る上で重要な数字ばかりになっています。

iPhone 12/miniは4GB、Pro/Pro Maxは6GB RAM

先日発表されたばかりのiPhone 12の説明会では明かされなかったRAM容量やベンチマークがXcode 12.1 betaやGeekbench 5から確認できました。

まず、Xcode 12.1 betaからわかったのはメモリの容量です。

確認できた情報から、iPhone 12と12 miniは4GB、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは6GBであることが確認できます。

iPhone 12のベンチスコアも確認

一方iPhone12シリーズのベンチスコアも明らかになりました。

テストのデバイスiPhone 12 ProのiOS14.1を搭載したもので、メモリサイズは6GBのRAMメモリと言われています。

結果によると、iPhone 12 ProはGeekbenchシングルコアのテストで1590、マルチコアのテストで3120となりました。

比較のために、iPhone 11 Proのスコアを出すと、シングルコアテストで1300、マルチコアテストで3300ほどになっています。

つまり、11 Proに比べると12 Proはマルチコアのパフォーマンスが低下していることになりますが、このテストはまだ初期のデータの一つに過ぎないため、客観的に判断するためには追加のテストを待つ必要があるでしょう。

参考:9TO5Mac

関連記事