「Apple Watch Series 6」と「SE」買うならどっち?それぞれの違いを解説、あなたが選ぶべきモデルはこれだ!

投稿日:

by しんや

最近発売されたばかりのApple Watchのラインナップには初めて廉価モデルの「Apple Watch SE」が登場しました。

廉価モデルの登場により、初めてApple Watchに手を出そうとする人も増えるでしょうが、実際「Apple Watch Series 6」と「SE」買うならどっちなのでしょう?

それぞれの違いをおさらいし、あなたにおすすめのモデルを紹介します。

「Apple Watch Series 6」と「SE」の共通点は?

まずは、共通点から紹介していきましょう。その後、違いも確認していきます。

まず、これまでどおり、40mmと44mmの二つのサイズが用意されています。

バッテリーの持続時間もともに最大18時間で、Series 6に採用された常時計測の高度計はSEモデルにも追加されています。

また、Blutooth 5.0、Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHzに対応しています。

また、50メートルの耐水性能も備えています。

どちらも、Wi-FiモデルとWi-Fi+GPS + Cellularモデルも用意されています。

「Apple Watch Series 6」と「SE」の違い

では、これから二つの違いを見ていきましょう。どちらを買うか決めるにはこの違いが大事となるでしょう。

まずはそれぞれの頭脳とも言えるチップについてです。

チップ

Apple Watch Series 6はS6と呼ばれる最新のチップを採用し、正確な空間での位置情報の把握に利用できるU1チップも内蔵されています。

Apple Watch SEはSeries 5で採用されていたS5が内蔵されています。Series 6はSeries 5に比べて最大20%ほど高速になっていると説明されています。

ディスプレイ

そして、ディスプレイが「常時表示」か否かも異なる点の一つです。

Apple Watch Series 6のみが、常時表示のRetinaディスプレイに対応しています。

血中酸素濃度センサー

また、血中酸素濃度センサーと呼ばれる新しいセンサーがSeries 6にのみ内蔵されています。

これは血中の酸素濃度を計測することで体の健康状態を把握する助けになります。

モデルのラインナップ

二つのモデルには色のラインナップの違いもあります。

シルバー、スペースグレイ、ゴールドはSeries 6とSEの両方に採用されている色です。

それらに加えて、Series 6にはブルーと(PRODUCT)REDの2色が用意されています。

また、Series 6にはHermesモデルが用意されています。ナイキモデルはSEとSeries 6の両方に用意されています。

価格

Apple Watch Series 6はGPSモデルは42,800円(税別)からで、 SEはGPSモデルが29,800円(税別)からになっています。

一方、Series 6のGPS +Cellularモデルは53,800円(税別)からと、SEモデルのGPS +Cellularモデルが34,800円(税別)になっています。

結局どちらを買うべきなのか?

ここからは筆者の考えになりますが、ほとんどの人はSEモデルを買うべきです。

現状S5チップは十分に優秀な性能を発揮していますし、ディスプレイの常時表示も実際それほど使い道のある機能ではありません。

また、血中酸素濃度センサーはSeries 6にのみ採用されているセンサーで、二つのモデルの大きな差別点となっています。

しかし、これについてはそもそも血中酸素濃度センサーの精度に疑問の声が上がっています。

このセンサーだけが目当てでSeries 6を購入するとガッカリするかもしれません。

やはり、値段の差にも関わらず、多くの人はSEモデルで満足することになると思います。

ただし、どうしても血中酸素濃度センサーに拘りたい人や、Series 6にのみ用意されている色(ブルーとレッド)が欲しい人、またはHermesモデルに興味がある人はSeries 6しか選択肢がないことになります。

また、使用感を確かめたい人は一度近くの家電量販店や、Apple Storeに足を運んで実際に触ってみるのも良いでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事