Wi-Fi通信をより安全に!iOS 14で実装されるプライベートWi-Fiアドレスとは

投稿日:

by メカ村

今やスマホで当たり前に使用するようになっているWi-Fi、いわゆる無線LAN通信ですが、自宅のセキュリティばっちりなものを使う場合は安心できても、様々な場所で多くの事業者によって提供されるWi-Fiについてはセキュリティ面で不安に思う人も多いでしょう。

基本的にはそのWi-Fi提供者のセキュリティ意識(パスワードや暗号化など)、あるいは自分のセキュリティ意識(接続先の選択やVPVなど)によるワケですが、iOS 14では新しいセキュリティ機能が追加されているのでご紹介いたします。

自分を特定させないプライベートWi-Fiアドレス

Appleが現在ベータ版で一部ユーザーに公開しているiOS 14には、大々的に説明されていないもののセキュリティ面で新しい安全・安心を提供する機能として「プライベートWi-Fiアドレス」を実装しました。

この「プライベートWi-Fiアドレス」とは、インターネットを使用する上で必要となる固有の認識番号をランダムなものにする事によって、ネットワーク事業者や情報収集を目的とした観測者などから自分を特定させないようにする事ができます。

具体的にはMACアドレス(Media Access Control Address)と呼ばれる識別番号で、これはiPhoneの設定から「一般」▶︎「情報」と進み「Wi-Fiアドレス」の部分で確認できる、アルファベットと数字による12桁のアドレスです。

通常あまり気にしないMACアドレスですが端末固有のものなので、長い期間使用し続けると訪問しているWebサービスの提供者から位置情報を紐付けられたり、あるいはネットワーク上での行動を紐付けられたりと、知らないところでプライバシーを侵害される危険性があります。

これがiOS 14では基本的に自動でランダムなものに置き換わるので、どんなWi-Fiに接続しても相手側からMACアドレスによる特定を防ぐ事ができ、今までよりもより安全にWi-Fiでのインターネットを楽しめるようになるワケです。

ただしMACアドレスによってフィルタリングしているWi-Fiの場合は接続できなくなり、デバイス認証系のWebサービスなどでも正常にサービスを利用できなくなる可能性があるので、この機能をWi-Fi毎にON/OFF切り替える事も可能です。

設定の「Wi-Fi」に表示されるWi-Fi一覧で名称の右端に表示されている(i)をタップし、「プライベートアドレス」のスイッチを切り替える事で前述の問題を回避する事が可能なので、オンにして問題が発生した場合はオフにして簡単に解決する事ができます。

今のところiPhoneの他、iPadとApple Watchでこの「プライベートWi-Fiアドレス」が利用できるようになり、基本的に自動的に有効化するようになっているので、単純にセキュリティ面を強化する嬉しい機能となっています。

まとめ

iOSのベータ版では途中までリリースされているにも関わらず最終的に削除される機能も多いのですが、この「プライベートWi-Fiアドレス」についてはすでにAppleのサポートページが開設されており、よっぽど大きな問題でもない限りはそのままリリースされるはずです。

前述の通りMacアドレスフィルタリングやデバイス認証系のサービスが利用できなくなる可能性が高いですが、iOS 14にアップデートして特定のWi-FiやWebサービスを利用できなくなった場合は、焦らずに「プライベートWi-Fiアドレス」をオフにしてみましょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事