iOS14の開発者向けベータ5が公開、新機能や変更点は?

投稿日:

by しんや

Appleは現地時間の8月18日に開発者向けにiOS14のベータ5を公開しました。

まだまだベータ版ということで単純なバグの修正だけでなく、様々な変更点や新機能がありました。

iOS14開発者向けベータ5での新機能

まずは、今回のベータ5から追加された新機能をみていきましょう。

一つ目はウィジェットに関する新機能です。

ウィジェットの新形状が追加

Tallと呼ばれる新しいウィジェットの形状が追加されました。

これは名前の通り、縦に長いウィジェットで、情報量の多いニュース系のウィジェットなどのために作られたようです。

App Clipが追加

他には、App Clipもいよいよ追加されたようです。

App Clipとはアプリをインストールしなくてもアプリの一部の機能が使えるというiOS14の目玉機能の一つです。

これはベータ5では設定アプリから試すことができるようです。

ただし、この機能を有効に使うには多くの店舗や場所でApp Clipが普及する必要があるため、恩恵を感じられるのはまだまだ先の話となりそうです。

iOS14開発者向けベータ5での変更点

また、新機能だけでなく、変更点も多くあります。

例えば、スクロールホイールの復活です。

スクロールホイールの復活

iOS13では、スクロールホイールと呼ばれるものを使ってアラームやタイマーを設定していたと思います。

しかし、この機能はiOS14の初期ベータで廃止されており、アラームやタイマーを設定するためには必ず数字を入力する必要がありました。

不便というわけではありませんでしたが、スクロールホイールに慣れていたユーザーたちを困惑させていたのは間違いありません。

そのためか、ベータ5では、このスクロールホイールが復活することとなりました。

見た目の変更はありますが、概ね同じような操作が可能になっています。

その他の変更点

他にも、以下のような変更点があります。

  • 設定アプリから写真アプリの「非表示」アルバムをオフに切り替え可能に
  • COVID-19接触確認アプリが利用できる地域にいるかどうかを通知
  • ウィジェットに現在地情報へのアクセスを許可するか選択可能に
  • スクリーンタイムでブロックされたアプリのウィジェットもブロックへ
  • ショートカットアプリのUIがマイナー変更
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事