Epic Gamesが独自課金システム公開でFortniteがストア削除!両者徹底抗戦の模様

投稿日:

by メカ村

以前よりAppleは一部のアプリ開発者や企業に「市場を違法独占している」と訴えられていますが、そもそもAppleは自社製品のソフトウェア市場を開放している立場であり、そのハードウェアやソフトウェア、包括的エコシステムの開発や普及のためのコストを考えれば、手数料30%は納得のいくものでしょう。

しかしFortniteなどをリリースするEpic Gamesはそう思っていないようで、この30%の手数料を回避する仕組みを作りFortniteにも実装したのですが、即刻AppleとGoogleのアプリストアから削除されたそうです。

アプリ開発者の思い違い

FortniteなどをリリースするEpic Gamesは先日、AppleとGoogleのアプリストア利用手数料を回避するためEpicディレクトペイメントを開始し、今までAppleとGoogleに支払っていた手数料の20%をユーザーに、10%を自社で再配分し「最大20%の永久割引」と称して公開しました。

しかしこの行為は明らかにAppleやGoogleが展開するストア利用規約に反しており、公開数時間後にはApp StoreとPlay Storeからアプリが削除され、iPhoneなどでは継続してプレイできるものの新規ダウンロードとアップデート不可、AndroidはEpic GamesのHPから直接アプリをダウンロードして今まで通り(アップデート作業は除く)使用する事ができます。

このAppleとGoogleの行いにEpic Gamesは「市場の違法な独占行為」を指摘し、iOS版はAppleのレギュレーションに従わないとアプリの公開・アップデートなどが一切できなくなる事から、Appleを独占禁止法違反で訴える姿勢を見せ、かねてより同法違反を訴えるSpotifyがEpic Gamesを称賛するコメントを出す始末。

このアプリ関連の「市場の違法な独占行為」については「アプリ開発者の思い違い」が強く、AppleやGoogleなどによる「スマホの普及やアプリ販売システムがあったから財を成せた」事を忘れ、最初に同意した利用規約を反故にして利益率を上げようとしている行為になります。

例えばNintendo Switchがわかりやすく、Switchのソフト開発には専用ソフトとライセンス契約が必要で、独自のゲームカードを任天堂に製造してもらうかストアに公開してもらわないとソフトの発売はできないのですが、今回の件ではライセンス料の解除と独自ゲームカードの発行を求めている状態に近いです。

Nintendo Switch自体が売れないとゲーム開発会社にとっては魅力的な市場とは言えませんが、任天堂の努力により発売当初から品薄になる程の人気を出すマーケティング(利益を度外視した本体の販売と公式ゲームの発売)が行われ、結果的に魅力的なゲーム市場がゲーム開発他社に開放されているワケですから、普通に考えて文句の言いようもないでしょう。

Epic GamesやSpotifyなどが言う「市場の違法な独占行為」は、AppleやGoogleが努力し築き上げたスマホの普及や市場開発への投資などを全く無視したワガママな発言であり、そもそもスマホが無いと存在し得なかったという立場さえ忘れた傲慢な考えと言えます。

そもそも最初に納得し契約した内容に文句を言っている時点でおかしい事は明白なのですが、彼らはどうしてもAppleやGoogleのエコシステムにタダ乗りして利益を上げたいようです。

まとめ

利用規約で明確に禁止行為にしている内容を実装し、その結果削除された事を「市場の違法な独占行為」と断じれる姿勢は滑稽としか言いようがないのですが、ユーザー側からしたら課金額が20%減少するので支持する声は多いかも知れませんね。

ただしこうした行為をすべて許した場合、極端に言えばAppleがストアから得られる収益が消滅し、エコシステムの維持開発費、iPhoneなどの開発や製造費が賄えず消滅する行為と言えるので、愚かな行為である事は明白でしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事