Apple Watch Series 6のバッテリー容量が増加か、韓国の規制局の資料から発覚

投稿日:

by しんや

Appleは韓国の認証機関に新しいバッテリーの登録を行ったようです。

資料からは、Apple Watchのバッテリーである可能性が濃厚ですが、AirPods向けのバッテリーの可能性もあります。

Appleが韓国のデータベースに小型バッテリーを新しく登録

Appleが申請した新しいバッテリーはAbhishek YadavというTwitterアカウントによって共有されました。

このバッテリーはAppleが韓国の規制機関に対して申請したA2327という新しいバッテリーです。

また、資料からはバッテリー容量が303.8mAhの1.17Whであることや、フィットネス用のデバイス向けであることが分かっています。

そのため、AirPodsやApple Watchのバッテリーである可能性が濃厚ですが、バッテリーの形状からもApple Watchのバッテリーと考える人の方が多いようです。

バッテリー容量は増えても持続時間は同じか

ちなみに、Apple Watchのそれぞれのシリーズのバッテリー容量は以下のように推移しています。

  • Apple Watch Series 3:279mAh
  • Apple Watch Series 4:291mAh
  • Apple Watch Series 5:296mAh

Series 6のバッテリー容量が303mAhだったとしても、かなり妥当な改良と言えるでしょう。

また、Apple Watchシリーズの特徴として、バッテリーの容量が増加してもバッテリーの持続時間自体はほとんど改善していません。

これは、バッテリーの容量が増加するのに伴い、新機能も増えているため、結局はバッテリーの消費量が増加しているからです。

今回もバッテリー容量は増えていますが、噂されている血中酸素濃度の測定機能などが実装されてしまえば、バッテリーの持続時間は変わらないという結果になるかもしれませんね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事