iPhone12の発売時期が例年よりも遅くなることが確定、数週間ほどの遅れか

投稿日:

by しんや

現地時間の30日にAppleの第3四半期の業績発表が行われました。

そのなかで、iPhoneの発売時期に関する言及もあり、例年に比べると発売時期が遅くなると明言されました。

iPhone12の発売は例年よりも遅れることが確定

Appleのルカ・マエストリCFOはiPhone12の発売時期について例年よりも遅れることになるだろうと明言しました。

具体的な時期については、「数週間遅れて販売が開始される」と述べています。

昨年発売されたiPhone11が、9月の末に発売されていることを考えるとiPhone12の発売は10月の初頭になると予想できます。

以下がここ数年の具体的なiPhoneの発売日です。

  • 2019年9月20日:iPhone 11
  • 2019年9月20日:iPhone 11 Pro/Pro Max
  • 2018年10月26日:iPhone XR
  • 2018年9月21日:iPhone XS

基本的にはやはり9月の末に発売されているため「数週間の遅れ」ということであれば2020年の10月中旬までには発売されることが期待できます。

複数のリーカーの情報とも一致しているが

iPhone12の発売が10月になるという情報についてはすでに複数のリーカーが同じことを述べています。

例えば、著名なリーカーのジョン・プロッサー氏や、開発者のKomiya氏も同じく10月と述べています。

ただし、プロッサー氏は10月の中頃を、Komiya氏は10月の頭をiPhone12の発売日として予想しています。

発表会自体も10月か?

さらに、ジョン・プロッサー氏は発表の時期についても言及しています。

iPhone12の発表は、現時点で9月ではなく10月に予定されていると述べています。

AppleがiPhoneの発表なしでイベントを開催するとも考えられないため、例年は9月に行われている新製品の発表会も同じく10月へ延期となっているのかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事