iPhone SEの新型モデルが来年に登場!?iPhone XRの筐体を再利用か

投稿日:

by しんや

iPhone SEはiPhoneシリーズの廉価モデルという位置付けですが、かなりクオリティは高く人気モデルの一つです。

今年の初めごろに新しいiPhone SE(第2世代)が発売されましたが、来年にはiPhone SE(第3世代)も発売されるかもしれません。

iPhone SE(第3世代)は2021年発売か

iPhone SEの新型モデルは、6.1インチのディスプレイを採用し2021年に登場するとOmega LEAKS and RUMORS氏はTwitter上で発言しました。

彼のツイートによれば、Touch IDは電源ボタンのところに埋め込まれると予想しています。

また、Face IDは採用されないため、ノッチは存在しないだろうという嬉しいお話まであるようです。

ただし、フロントカメラのためにカメラ穴だけは存在するかもしれないと説明しています。

カメラ穴だけのデザイン(Essential Phone)

また、WccftechはこのiPhone SEはiPhone XRの筐体を活用してつくられるのではという見方を示しました。

実際iPhone SEはiPhone 5の筐体を、iPhone SE(第二世代)はiPhone 8の筐体を活用して生産されているので、同じようなことになるという考えです。

これまでのリークとも一致

この話はこれまでの噂に照らし合わせるとほとんど一致していることがわかります。

例えば、発売時期は多くのリーカーが2021年になると述べています(ただし、ミンチー・クオ氏は21年の下半期になると予想)。

さらに、電源ボタンにTouch IDが搭載されるというのも新しい話ではありません。

ノッチが完全になくなるという話も別のリーカーから出ていた情報ですから、これだけ複数のリーカーが同じような予想をしているとなれば少し期待も膨らみます。

小型な画面のiPhone SEを望むユーザーには残念な話かもしれませんが、XRと同じくらいの画面サイズを持ったiPhoneが安価で手に入るというのは素直に喜ぶ人も多いでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事