Apple Glassは最高の覗き見防止機能搭載?ARを利用したプライバシーモードとは

投稿日:

by メカ村

今や支払い機能も標準搭載し、一部の国では免許証などがアプリで使用できるようになったスマホは個人情報の宝庫であり、ほとんどの人がスマホの中身を親しい仲の人にも見られたくないと思うでしょう。

こうしたニーズからスマホを正面以外から見えづらくする覗き見防止シールなどが販売されたりしているのですが、iPhoneの場合Apple Glassを使えば100%他人に中身を見られなくする事が可能かも知れません。

Apple Glassからしか見えない

Appleは先日未明、同社が開発中と噂になっている次世代ARメガネデバイス、俗に言うApple GlassとiPhoneなどの既存デバイスを連携する新たな特許を出願しました。

ARメガネデバイスは現在多くの企業が開発に努めており、メガネ型デバイスでより快適で高機能なコンテンツを提供するために様々な特許が出願されているのですが、今回Appleが取得した特許はARメガネデバイスとその他のデバイスの連携に関わる機能という事で注目を集めています。

その新しい特許とは、Apple Glassと連携済みのApple製品の画面表示がApple Glassでのみ表示されるようになる、というものです。

具体的には、iPhoneの場合Apple Glassを装着した端末所有者にはいつも通り画面が表示され、その他の人にはロック状態の真っ黒な画面を操作しているようにしか見えない、というものになっており、冒頭の覗き見を一切不可能にする技術です。

もちろんこれはiPhoneに限定した話ではなく、MacやApple Watchなど他のディスプレイを搭載したApple製デバイス全てに適用されるようで、Apple Glassと連携させる事で全てのデバイスの表示を他人の目から守る事ができるようになります。

未だに他人のスマホやPCを覗き見てパスワードや個人情報を取得する例がありますから、AR機能によって仮想表示のみに絞れば他の誰にも覗き見る事ができない、というのはなかなか画期的だと思います。

Apple Glass発売時にこの機能が実装されていた場合、デバイスの消費電力の大部分である画面表示を軽減する事が可能なので、覗き見防止のおまけにデバイスの稼働時間自体を大幅に延長できる可能性もあります。

この機能がApple Glassに標準搭載なのか、Proデバイスのようなハイエンドモデル限定の機能になるのかはわかりませんが、覗き見防止を気にする人やMacを仕事で使っている人にとっては、魅力的に思える機能になるかも知れません。

まとめ

端末自体はロック画面と同様の真っ暗な画面なのですが、Apple GlassにAR表示させる機能なので、もしかしたらApple Glassのバッテリー容量がネックになる機能かも知れませんね。

単純なメガネ型ディスプレイデバイスではなく、既存のデバイスと連携して様々な機能を搭載してApple Glassが登場すれば、現在全く流行る気配のないAR業界に革新的なデバイスをリリースする事になるでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Patently Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事