ようやく純正ケーブルが改善?iPhone12に付属するケーブルは断線しにくいTypeC-Lightningか

投稿日:

by しんや

これまで長いこと変更されることのなかったApple純正の充電ケーブルが改良されるかもしれません。

著名なリーカーがケーブルの設計が改善される可能性を示唆しました。

断線しやすい純正ケーブル、ようやく改善するか?

iPhoneの純正充電ケーブルといえば、断線しやすいことで有名ではないでしょうか。

かく言う私も付属してくる純正ケーブルが断線した場合必ずAmazonで他社のものを購入しています。

純正の充電ケーブルの値段は相場に比べかなり高くなっているにも関わらず、皮膜が薄く、特に根元付近での断線をよく聞きます。

一方、Amazonなどで探せば複数の長さのケーブルがセットになって、さらに純正品よりも断線しにくいケーブルがかなり安価で手に入ります。

編み込み皮膜採用か

Appleもこのような問題に対処するためか、充電ケーブルの設計変更に取り組んでいる可能性があります。

こちらが、純正のケーブルが設計変更されることを示唆した投稿です。

有没有搞措氏が「新しいLightningケーブル」と引用リツイートした元の投稿には、ケーブルの皮膜が編み込まれたようなものになっていることが確認できます。

本当にこの画像のようなケーブルに設計が変更された場合、これまでよりもケーブルが断線しにくくなると考えられます。

そもそも、これまでがあまりにも断線しやすすぎたので、いい加減Appleには対応をしてもらいたいものです。

端子はUSB-C to Lightningか

そして、端子の形も変わるようです。

これまではUSB TypeA to Lightningでした。しかし、Lightningはそのままで、片側はUSB-Cへ変更されるようです。

ただし、現状ではまだUSB Type CよりもUSB Type Aの方が普及率は高いはずです。

もしこの情報が本当だったなら、多くの人はパソコンとデーターをやりとりするために、アダプタのような物を購入することになるかもしれません。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事