iPhoneのバッテリー問題がアメリカで決着!最大5億ドルをユーザーに分配

投稿日:

by メカ村

2017年、Appleはユーザーに知らせずにバッテリー劣化に応じてiPhoneの性能を意図的に下げる機能を実装し、それがユーザーの間で検証され大きなニュースとなり、最終的にAppleはこの事実を認めるところとなりました。

この件については各国各所で裁判になったりしていたのですが、昨日ついにアメリカでの集団訴訟がAppleとの和解という形で幕を閉じました。

補償額は最大5億ドル(約536億円)

昨日、長らくApple側とユーザー側で争われていたiPhoneの性能をバッテリーの劣化具合で意図的に下げる仕様(ピークパフォーマンス)について、最小3億1千万ドル(約332億円)から最大5億ドル(約536億円)で和解する手続きが完了しました。

和解金額に大きな差がある事については、裁判に実際に参加したユーザー数とピークパフォーマンスを実際に体験したユーザー数が異なるためのもので、これから実際にピークパフォーマンスを体験しAppleに対し補償請求を行うユーザーを募る事になります。

集まったユーザー数に関わらずこの裁判で必要となったあらゆる費用を和解金から差し引き、その残りをユーザー数で割った金額を分配する形を取るそうで、現時点では実際の和解金額と1ユーザーが受け取れる金額が決定していないとの事。

この保証を請求できるユーザーの定義は、「2017年12月21日以前にiOS 10.2.1以降を実行していたiPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/SEまたはiOS 11.2以降を実行していた7/7 Plusを所有していたアメリカ人ユーザー」となっています。

判決では最小金額である3億1千万ドルを下回らないよう設定されており、申請ユーザー数が少なければ1人あたりの補償額はかなり高額になりますが、保証対象が広いだけにユーザー数も相当数見込まれており、そのような結果にはならないと考えられています。

この申請はWeb上ですでにスタートしており、前述の通り申請してきたユーザーの数によって受け取れる金額が変動するのですが、説明によれば最大25ドル(約2,682円)を現金で受け取れるようになるそうです。

Web申請では保証申請の他に、申請した上で自分を保証対象から除外する事、和解を拒否し最終審問を開催するよう依頼する事、聴聞会への参加申請などができるようになっているようです。

約2年半の長期裁判で1人あたり約2,682円の保証というのは、なんだか骨折り損のくたびれもうけのように思えてきますね。

まとめ

今回の和解についてはあくまでアメリカ人ユーザーに限った話ではあるのですが、他の国でも同様の訴訟を受けているAppleにとっては判例の1つに過ぎず、もしかしたら他の国ではもっと巨額の保証に発展する可能性もあるでしょう。

一応アメリカ人でもこの件について和解を拒否し最終審問を開催するよう依頼できはするのですが、大多数のユーザーがこの保証に申請した場合はそもそも開催できない可能性の方が高くなるので、アメリカでの裁判はこれにて終了すると考えられています。

参考:appleinsider

関連記事