新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAがVer.1.1.2へアップデート、変更点は?

投稿日:

by しんや

7月13日に新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAのアップデートVer1.1.2をiOS向けに公開しました。

このアップデートでは陽性者の報告ができないバグを修正しています。

COCOA変更点は主にバグの修正

厚生労働省は新型コロナウイルスに感染した人と接触した場合に、そのことをユーザーに通知するアプリCOCOAのアップデートを公開しました。

アップデートの内容は主にバグの修正になっており、陽性者の登録ができないという致命的なバグも修正されました。

報告されていた不具合は、陽性が明らかになってもアプリの登録ができないという内容でした。

そのため、登録に必要な番号の発行も7月11日から処理が停止されていました。

つまり、陽性が判明した人との接触を通知するアプリにも関わらず陽性者の登録は一切行われていない状況だったのです。

今回公開されたiOS版のVer1.1.2では、この問題が解決されています。

そして、Android版も近日公開予定ということで、バグの修正が終わりしだい処理番号の発行作業も再開されるようです。

安定性もまして利用者の増加に繋がるか

7月13日時点で、アプリのダウンロード数は680万件です。

5日ほど前の時点で、610万件ほどだったので、一日10万件以上は新しくダウンロードされているようですが、感染拡大を防止するために有効な利用者数からは程遠いのが現状です。

ただし、現在リリースされているCOCOAはあくまでも試行版という位置付けであるため、安定版がリリースされた場合はさらなるユーザーの獲得が見込めるかもしれません。

実際、このままCOCOAのダウンロード数が少ない場合、接触確認アプリとしての意味をなさない可能性が高くなります。

そのような事態を避けるためにも、早急に安定したバージョンのCOCOAとアプリの説明を国民に徹底する必要があるでしょう。


関連記事