Appleがソニーから80億円で版権購入した「グレイハウンド」、Apple TV+で放映スタート!

投稿日:

by maruuo

トム・ハンクスが脚本と主演を務めた映画「グレイハウンド」がApple TV+で遂に放映スタートとなりました。

同映画はコロナウイルスの影響で映画館での公開ができなくなり、Appleが版権をAppleが7000万ドルで買い取ったことが話題となりました。

映画のストーリーは以下の通り。

この映画は、第二次世界大戦の真っただ中の大西洋の米海軍の護衛艦隊とそれを指揮するアーネスト・クラウス中佐(トム・ハンクス) 、乗艦する駆逐艦キーリングを描いている。クラウス中佐は初めての戦地任務につき、大西洋を横断する商船を護衛する任務を命じられる。37隻の船団はその道中、ドイツ潜水艦「Uボート」の群れに遭遇してしまう。船団のいつくが撃沈され、Uボートに追われることになる。海上での戦闘で危機に瀕する中、クラウス中佐は恐怖と自己不信に直面する。クラウスはUボートを振り切り無事イギリスまで辿り着けるのか…

グレイハウンドの制作費は4500~5000万ドルだったという噂もあることから、いわゆる大作の部類に入る作品でした。

今年の6月12日には映画館で公開予定でしたが、世界中の映画館が閉鎖したことで公開は中止に。

非常に残念な結果となりましたが、Apple TV+なら無料で視聴することが可能となりました。

評判は上々なので気になる方はこちらをどうぞ。

グレイハウンド(Apple TV+)

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事