これがiPhone 12?iPad Pro感を強調した画像がリークされる

投稿日:

by メカ村

WWDC2020の開幕まであと数時間となりましたが、ここでiPhone 12に関する新たなリーク情報が登場しました。

IT関連のリークやポップカルチャーを取り扱うサイトの運営者が、3サイズのiPhone 12のダミーと思われる画像をリークしています。

本人も100%は信じてないが…

ソニー・ディクソン氏は昨日、iPhone 12のダミーモックアップとみられる画像を3枚リークしました。

この画像にはかねてより噂となっている5.4インチ・6.1インチ・6.7インチの3パターンのiPhone 12だと言われています。

画像を見てみると基本設計はiPhone 11に準規しており、現行のラウンドフレームではなくiPad ProやiPhone 5S以前に見られたエッジフレームに切り替わっている事がわかります。

ただしこの画像に関して、投稿したディクソン氏本人が「100%信じられる情報とは言えない」としながらも、「シャーシの情報は有望」と説明しており、フレームがラウンドからエッジに変わるのは間違いないとのニュアンスを示しています。

ただこの画像の出所が示されていないので、情報の確度はリリースしたディクソン氏本人にしかわからないのですが、この画像には2つの不思議な点が見つけられたので説明させていただきます。

まず1つめは5.4インチモデルと思われるモックアップに、本来なら電源ボタン下に配置されているはずのSIMトレーが無い、という点です。

iPhone 12は4Gモデルと4G+5Gモデルの2種類になるとの情報があり、もしかしたらeSIMにしか対応していない可能性も0ではないでしょう。

また6.7インチモデルと思われるモックアップの音量ボタンの下に、SIMトレーと似たようなサイズ感の新たなパーツが確認できており、SIMトレーのようなイジェクトピンを刺す穴もない事から、現状謎の装置となっています。

まとめ

このモックアップがどう作成され、この画像がどういう経路で彼に回ってきたかは明らかにされていませんが、先日リークされた金属製モックアップと細部が異なる事から、違うCADデータで作成された事は間違いないでしょう。

このモックアップが本物の場合は前述の2つの謎が今後のリーク情報で注目されると思うのですが、日本の3大キャリアはeSIMにほぼ非対応状態なので、もしかするとiPhone 12がeSIMモデルのみの場合日本で使用できない可能性も出てきます。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事