iOS14内にAirTagの記述,WWDCでの発表の可能性

投稿日:

by maruuo

これまで紛失防止タグ(AirTag)に関する数々のリーク情報がありましたが、リークされたiOS14のコードにも同タグを示唆するコードが見つかりました。

「Find my Tag」と呼ばれるもので、「探す」アプリで使われる機能であることを指しているのだと思われます。

AirTagはR1チップを使用し、超広帯域無線通信(UWB)を前提に構築されていると予想されています。AirPodsのW1チップと同様にこのチップを用いることでiPhoneとシームレスに繋がることが可能となります。

そしてその超広帯域無線通信はiPhone11シリーズのU1チップによって、空間認識に活用される予定です。

現状U1チップはAirDropにしか活用されていません。

他にもAirTagは以下の機能を持っている可能性があるとのこと。

  • NFCセットアップ
  • 超広帯域無線通信
  • NFCでオーナー情報を表示
  • サウンド機能
  • AirTagの複数ユーザーと共有
  • ARKitをサポート
iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事