もうすぐTwitterでボイスツイートが可能に、現在一部のiOSユーザーでテスト中

投稿日:

by しんや

Twitterは近く、ボイスメッセージを投稿できるようにする新機能を提供すると発表しました。

現在は一部のiOSユーザーに限定してテストが行われているようです。

新機能ボイスツイートは表現の幅を広げるか

Twitterはこれまで、写真、ビデオ、GIF、そして280文字までの文章を投稿できました。

そして、近い将来、これらに加えて音声データも投稿できるようになるようです。

Twitterが発表した新機能では、ユーザーは140秒以内の音声データをボイスツイートとしてツイートできるようになります。

通常のツイート投稿画面から、波形のアイコンを選択することで音声の録音が始まり、140秒を超えるか、完了ボタンを押すことで投稿することができます。

140秒の音声ツイートでより円滑なコミュニケーション

また、一つのツイートに複数の写真を添付するように、複数のクリップをつなぎ合わせることも可能です。

つまり、制限は上限時間が140秒であるという点だけのようです。

140秒を超えた場合は、自動的にスレッドが作成されるので、そこに別のツイートとして投稿することになります。

視聴するには、投稿された動画を視聴するように、画像をクリックすれば再生可能です。

また、動画と違い、音を聴きながらでもタイムラインをスクロールすることができます。

現在この新機能は一部のiOSユーザーでテスト中ですが、近い将来一般公開される予定となっています。

実際に以下のツイートからその新機能を体験することができます。

同社はこの機能により、280文字では伝えきれなかったニュアンスや、感情なども声のトーンで表現できるようになるため、これまでよりもスムーズなコミュニケーションに繋がると期待しています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事