iOS 14で通話録音機能搭載!と思ったらデバック用のツールだった模様

投稿日:

by メカ村

ベータ版が一部の開発者に公開され解析などが進められているiOS 14、その解析内容で目立ったものはリーク情報として出始めているのですが、どうやらiOSに組み込まれているからといって新機能だと決め付けるのは気が早いかも知れません。

先日発見され新機能として話題となったコードについて、コレがiOSの新機能なのではなくOSのバグ調査のためのコードである事が明らかとなりました。

Apple従業員専用

先日iOS 14のベータ版の中に、通話アプリやFaceTimeでの双方向通話を記録するコードが見つかり、Appleが通話内容を音声で記録する機能を実装するつもりだと話題になりました。

通話記録を音声データで残すこの機能は、便利だとする声もあればプライバシーを侵害するものだとする声もあり賛否の分かれる追加機能とされていたのですが、コレがApple従業員専用のデバックオプションである事が判明。

この情報は元々脱獄コミュニティから流出したスクリーンショットが原因で、そのスクリーンショットには「音声通話の録音を有効にする」というスイッチ項目が確認できます。

確かにこの画像だけ見ると、まるでAppleが通話アプリやFaceTimeでの双方向通話を記録する機能を新たに実装する、と思ってもまったく不思議ではないでしょう。

しかしスクショの英文を詳しく読んでみると、「通話が録音されていることを通話を当事者に通知する責任がある」「通話の録音に関して管轄区域の適用されるすべての法律を遵守することに同意」など、Appleがユーザーに向けるような文章ではない注意事項である事がわかります。

同様に「機能が有効になっている間は他の人にこのデバイスの使用を許可しないことに同意」とも書かれており、このデバイスが通常のiPhoneではなくテスト機であり、Appleの従業員のみに向けられた機能・説明文である事がわかったワケです。

そもそもこの機能を実装するには、前述の「通話の録音に関して管轄区域の適用されるすべての法律を遵守することに同意」にある通り、地域ごとの法律や法令に沿った対応が必要となり、プライバシー保護の観点からそもそも実装自体が現実的ではない事がわかります。

一部ではこのニュースを残念がるような声もあるのですが、今後もこの機能が実装される可能性は万に一つもないと言えるでしょう。

まとめ

おそらくこの機能は5G利用時の通話品質チェック、あるいは他の機能やアプリを使用した際の通話などの音質をチェックするための機能のようで、音声を録音して保存する機能ではあるもののそれを他の目的で使えるようには設計されていないようです。

他にも様々な機能実装などが噂されているのですが、今後こうした機能が存在する以上iOSベータ版に実装されているからと言って新機能として必ず登場するワケではない、と考えなくてはならないでしょう。

参考:9TO5Mac

関連記事