日本のApple Watchも心電図対応?医薬品医療機器総合機構のリストにAppleの記載

投稿日:

by メカ村

スマートウォッチ業界で圧倒的シェアを誇るApple Watch、その人気の1つは心電図機能などで命を救われた事例のニュースが他に比べ非常に多い事でしょう。

この機能については日本を含む一部の国や地域で制限されていたのですが、もしかしたら近いうちに日本でも心電図機能が解禁される可能性が出てきました。

Appleが医療機器外国製造業社認定

Apple Watchの人気を盤石のものにしている機能の1つに心電図機能などがあるワケですが、この機能は医療機器として扱いを受けるため認可なしで提供される事は許されておらず、日本では厚生労働省所管の独立行政法人である医薬品医療機器総合機構(PMDA)の認可が必要になります。

このリストはPMDAで随時更新・公開されているのですが、6月1日に更新され公開されたリストにはなんと「Apple Inc.」という記述が確認できます。

現状Appleがリリースしている商品で医療品などの項目に該当しそうな製品はApple Watch以外になく、Appleが新しく医療品認定を受けるようなデバイスを開発していない限り、この記載は「日本で心電図機能が使えるようになるための第一歩」と言えます。

今までは故意に使用できないようにされていた心電図機能ですが、これが日本で使用できるようになればその商品価値は日本国内でグッと上昇し、コレまで以上に売れる商品になる事は間違いないでしょう。

また時期を同じくして、ブラジルの健康規制省(日本で言う厚生労働省)で可決された決議には、「Apple Watchの不規則な心拍数通知とECG機能を消費者が使用すること」が含まれています。

おそらくAppleは現在心電図機能が使用できる23の国や地域を拡大しようと動いているようで、現在判明している限り日本とブラジルがその対象国になろうとしているのだと考えられます。

日本の場合、まだAppleが日本にとって医療機器を輸入提供するメーカーであると認められた段階なので、いつApple Watchの心電図機能が利用できるかは定かではないのですが、登録申請が通った以上そう遠くない未来に実現するのは間違いないと考えられます。

Appleは他にも特許で今後医療に関係するApple Watch機能を多数取得しており、心電図機能が解禁された段階で他の医療に関する機能もすべて開放されるものだと考えられるでしょう。

まとめ

Apple Watchについては長らく心電図機能の開放を求められていましたから、Apple Watchを持っている人や心電図機能が使えない事で購入を躊躇っていた人にとっては非常に嬉しいニュースになったかと思います。

今後ますます医療機器としての側面が強くなるデバイスなのは間違いないですから、早く日本でもApple Watchを医療機器として使用できるようになると良いですね。

参考:appleinsider

関連記事