iOS13.5ではメディカルIDの情報が救急センターと自動共有できる

投稿日:

by maruuo

iOS13.5のβ版にiPhoneユーザーが持つメディカルIDの情報を自動的に送信できる機能があることが分かりました。

メディカルIDとはヘルスアプリでセットできるパーソナルな情報で、応急手当をする人がパスコード無しでアクセスできる仕組みになっています。

例えば以下の情報を載せることができます。

  • 持病/ケガ
  • アレルギー
  • 血液型
  • 体重
  • 身長

iOS13.5では「救急センターに電話する際に共有する」をオンにすると、911(日本の119)に電話をすると自動的にメディカルIDの情報も共有できるようになります。

またApple Watchの転倒検出機能が作動すると、メディカルIDの共有機能が自動的に働く設定を使うことができます。

ちなみに現在のApple Watchは転倒を認識し、ユーザーが動けないと判断すると緊急通報サービスに位置情報が自動的に通知される仕組みになっています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事