Apple Watchは医療機器以上?病院の医療機器が見逃した心疾患を検出

投稿日:

by メカ村

発売から世界中で数多くの人間の命を救ってきたApple Watch、その小さなデバイスサイズとは裏腹にかなり高度なセンサーなどが搭載されており、病気の兆候や急な体調の悪化、あるいは何かしらの事件に巻き込まれた際に活躍しています。

そんなApple Watchが先日、病院にある医療機器で発見できなかった心疾患を検出したとしてニュースとなっています。

誤診を覆す

ドイツのマインツに住む80歳の女性は先日、胸の痛みや立ちくらみを覚えマインツ大学医療センターへ赴き状態を説明、医師の提案で一般的な心電図検査である12誘導心電図を実施しました。

医師は女性が胸の痛みや立ちくらみを訴えた事から、何らかの原因で血流が阻害され心臓に障害が発生する虚血性心疾患を疑っていましたが、心電図ではその傾向が確認できず、虚血性心疾患ではないと結論づけました。

そこで女性はこの医師に自分がApple Watchを使用している事を告げ、Apple Watchで行った心電図検査の結果を医師に提示します。

その検査結果にはSTセグメントと呼ばれる測定値に顕著な低下が見られるパターンが記録されており、女性が心筋梗塞などで虚血性心疾患である事が証明されていました。

これを確認した医師はすぐに心臓カテーテル検査室でのより詳細な疾患調査を実施し、彼女が「左主幹部の狭窄」「左前下行枝の複雑分岐部病変」を患っている事が確認できました。

医師はすぐに彼女の手術の手配を行い、当日中に冠動脈ステント留置術と呼ばれる手術を実施、彼女は翌日には退院できたそうです。

もしApple Watchを使用していなかったら、彼女は医師から「虚血性心疾患ではない」との診断結果を受け帰宅し、虚血性心疾患がより悪化してしまったり最悪死亡してしまうケースも想定されます。

病院の医療機器に問題はありませんが心疾患は常時症状が出るものとも限らず、心疾患を患っている人や高齢の方は彼女のようにApple Watchによる監視と心電図結果がある方が安全なのかも知れません。

まとめ

もしApple Watchをしていなかったら…と思うとゾッとするようなニュースですが、残念ながら現在日本ではApple Watchを医療機器として認可する予定はなく、また認可するような動きや傾向もない事から日本ではずっと使えない可能性が高いです。

世界中でかなりの数の人命救助に役立っているワケで、今回のようにApple Watchでなくては誤診で帰されていた可能性も考慮すると、認可して使用できるようにする方がメリットがある気がするのですが、日本の医療従事者の方の意見を聞いてみたいですね。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事