iOS13.5ではマスク着用時にFace IDを回避する機能が実装か、開発者向けのベータ版でテスト中

投稿日:

by しんや

Appleは本日、iOS 13.5の新しいベータ版を開発者向けにリリースしましたが、その中には一つ興味深い機能が含まれていました。

ユーザーがマスクを着用している場合にFace IDでの認証をスキップする機能です。

iOS13.5でマスク着用時のロック解除が改善

これまで、マスクを着用している際には Face IDが適切に機能しませんでした。

無理に回避する方法もあるようですが、どれもAppleが想定している使い方ではなく、その方法では結果的にセキュリティを低めるリスクがあります。

そのため、これまでも日本国内ではFace IDよりもTouch IDを推す声は一定数存在しましたが、欧米ではマスクの文化がなかったためAppleが気にすることはありませんでした。

ところが、コロナウイルスの影響で欧米でもマスクが広まりAppleもようやく「マスクでFace IDが使えない問題」の対策へ乗り出したようです。

マスク着用時にFace IDをスキップ

AppleはマスクをつけたままFace IDを認証する方法は見つけていないようですが、代わりに少し便利になる機能を実装するようです。

このアップデートで、ユーザーがマスクを着用時にはFace IDがスキップされるようになります。

そしてFace IDの代わりに直接パスコードの入力画面に移動するようです。

これにより、マスク着用時は認証に失敗することもなくスムーズにパスコード入力画面へ移動するため合理的な認証になるでしょう。

もちろん、マスクを外せばこれまでどおりFace IDを使った認証が使えます。

新型コロナ接触者追跡APIも初めて実装

もう一つの大きなアップデートとして、新型コロナウイルス対策のために初めて接触者追跡APIが実装されました。

この機能は将来的に、新型コロナウイルスの検査で陽性と確認された人と接触した可能性がある場合、その旨を通知してくれるようになります。

早ければ今年の後半には完成版がリリースされるでしょう。
(関連記事:新型コロナ対策に濃厚接触者の検出技術を開発

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事