iPhone 12 Pro MaxにはTouch IDが搭載されるかも?埋め込み型指紋認証を採用か

投稿日:

by しんや

Appleは画面サイズを大きくするためにiPhone Xからホームボタンを廃止したため、それ以降ハイエンドモデルではTouch IDが採用されていません。

ところが、iPhone 12では画面埋め込み型の指紋認証としてTouch IDが再び採用されると台湾のメディアが報じました。

iPhone 12 Pro MaxはFace IDとTouch IDの二刀流か

iPhone X以降、上位モデルには常にFace IDが搭載され、Touch IDが廃止されました。

しかし、Face IDはマスクをつけて使えなかったり、横向きでは動作しなかったりといろいろ不満がある人も多いようです。

そのため、Touch IDを望む声もなかなかなくなりませんが、iPhone 12では再びTouch IDが帰ってくる可能性があるようです。

これを報じた台湾メディアの経済日報は、iPhone 12の一部モデルにはディスプレイ埋め込み型の指紋認証としてTouch IDが返ってくると伝えています。

もちろんFace IDはそのまま残り、指紋認証と顔認証の二刀流になる可能性が高いようです。

超音波式の埋め込み型指紋認証

ディスプレイに埋め込まれた指紋認証とは具体的に、GISが供給する超音波式の指紋認証センサーが採用されると経済日報は予想しています。

GISはAppleの主要なサプライヤーFoxconnの傘下で、現在Galaxy S10の埋め込み型指紋認証センサーを担当しています。

iPhoneにも同様のディスプレイが採用される可能性があると述べられています。

ただし、採用されるのはあくまでiPhone 12 Pro Maxの1モデルに限定されると見られており、iPhone 12の他のモデルは今まで通りFace IDのみ採用されると考えられています。

現在、すでにAppleはディスプレイ埋込み型の指紋認証センサーを採用できるように、関連するサプライヤーとパートナーシップを結べるように取り組んでいるようです。


関連記事