iPhone 8の一部パーツはiPhone SEに使い回し可能、iFixitの分解レポートで明らかに

投稿日:

by しんや

様々な電子機器の解体レポートを公開しているiFixitが早速iPhone SE(第2世代)の分解にも挑戦したようです。

公開されたレポートの中では一部の部品はiPhone 8のものと互換性があることを示しています。

一部のiPhone SEのパーツはiPhone8から再利用可能

iPhone SE(第2世代)がiPhone 8の部品を使い回すように設計されているのは明らかです。

これはiPhone SEシリーズが、過去モデルの部品を使うことで生産コストを下げることができ、結果的にかなり安価な値段で提供できるようにするためです。

そして、初代iPhone SEではiPhone 5Sと多くの部分が共通していたように、第二世代のiPhone SEはiPhone 8と一部のパーツで互換性があるようです。

iPhone 8と互換性のあるパーツが多数

iFixitが公開したレポートによると互換性が確認された主要なパーツは「ディスプレイ、カメラ、SIMトレイ、Taptic Engine」の4つです。

ディスプレイについては、附属しているマイクと近接センサーについても互換性があったようです。

ただし、単にディスプレイの付け替えをするだけではTrue Toneの機能が失われてしまうため注意が必要です。

ホームボタンは互換性なし

また、やはりホームボタンはiPhone 8のものでも交換できないようです。

これは全てのiPhoneのホームボタンに言えることですが、工場で製造された時点でiPhoneの基板とホームボタンに同じ番号が割り振られており、その番号が一致しない限り認証が行われないためです。

そのため、ユーザーはオリジナルのホームボタンを使い回すか、指紋認証を犠牲にしてサードパーティ製のものを使うしかありません。

Touch IDは様々な機能のセキュリティ認証に使われているため、私たちのプライバシーを考えれば仕方がないところですね。

バッテリー交換にも注意が必要

また、意外なことにバッテリーも互換性がないことが判明しました。

そして、非正規プロバイダがバッテリー交換をした場合でも警告が表示されるようになるため注意が必要です。

これは低品質なバッテリーによる発火などを防ぐ目的があるようです。

iPhone SEとiPhone 8は全く同じバッテリー容量でしたが、それでもその二つには互換性がないというのは少々意外な結果でした。


関連記事