iPhone SEのバッテリー駆動時間はiPhone8を1.5時間上回る

投稿日:

by maruuo

iDeviceHelpがiPhone SEとiPhone7、iPhone8、iPhone11でバッテリー駆動時間のテストを行いました。

その結果、同じバッテリー容量であるiPhone SEとiPhone 8において差がでたことが明らかとなりました。

バッテリーの比較テスト

iPhone8とiPhone SEのバッテリー容量は1821mAHです。

本来であれば、バッテリーの駆動時間は高機能なA13チップを積んでいるiPhone SEの方が短くなりそうなものです。

バッテリーの状態がいずれの端末でも100%であることを確認した上で、同条件でiPhone7,8,SE,11のバッテリーの駆動時間のテストを行ったところ大きな差が出ました。

負荷のかかりやすい作業をして、意図的にバッテリーの消費量を上げている

  • iPhone7 8時間30分
  • iPhone8 8時間25分
  • iPhone SE 10時間
  • iPhone 11 12時間20分

iPhone 8は8時間25分。iPhone SEはiPhone8よりも1時間半以上も長い10時間となりました。

これはiPhone SEに搭載されているA13チップの省エネが大いに発揮された結果だと言えます。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事