ARM版MacBookは12コアの独自プロセッサーを搭載

投稿日:

by maruuo

ブルームバーグによると、Appleは2021年に独自のプロセッサーを搭載したMacBookをリリースするとのこと。

このMacBookはなんと12コア以上になるようですよ。

ARM版MacBookは12コア

独自プロセッサーをMacに搭載するプロジェクトは「Kalamata」と呼ばれています。

そのプロジェクトの独自プロセッサーにおける試みの一つは、iPhone12で使われるであろうA14チップをベースとなっています。

A13チップの時点でiPhone11シリーズは他社を大きくリードしている訳ですが、A14チップではさらに高速になるとのこと。

プロセッサーの製造はTSMCが行い、A13チップと同じ5nmプロセスで製造されます。

最初のMacのプロセッサーは以下の組み合わせで12 コアとなります。

  • Firestorm:高性能な8コア
  • Icestorm:高効率な4コア

では実際にハイパフォーマンスなのかというと、Intelのハイエンドモデルにはまだ叶わない可能性が高いようです。

その為、独自プロセッサーを採用する最初のMacはMacBook(Air)になる可能性が高いと言えます。

Appleは社内向けにA12XチップをベースにしたMacを試用し、Intelの代用になると十分な手応えを感じたとブルームバーグは報じています。

現状、Intelの都合でMacシリーズのリニューアルのペースが落ちてきていることからAppleは独自プロセッサーを使うことで、iPhoneやiPadのように自社のペースで新型Macを開発することが可能となりそうです。


関連記事