紛失防止タグのAirTagはiPhone11シリーズ以外でも利用できる模様

投稿日:

by maruuo

U1チップを内蔵するiPhone11シリーズでなくとも、紛失防止タグAirTagの利用は可能となりそうです。

「iPhone12のノッチが小さくなる」という情報をリークしたことで知られるFudge氏によると、iPhoneやiPad、iPodがあればAirTagの利用はできるようです。

もちろんU1チップをもつiPhone11シリーズであればcm単位で位置情報を知ることが可能となり利便性は高いのですが、あくまで補助的な機能にすぎないようです。

というのも先日発表されたiPhone SEやiPad ProにはU1チップは搭載されていません。

このことからAirTagがiPhone11やiPhone12でだけ使えることになるとは考えにくいでしょう。

ちなみにAirTagはiPhoneやiPadを使ってアクティベーションをすることが可能なようです。

これによりAirTagが盗まれても、第三者が勝手に使うことはできなくなります。

またAirTagにはサウンド再生機能を備えている模様。

iPhoneの位置情報とAirTagのサウンド機能を合わせて使うことで、紛失防止タグがより見つけやすくなるようです。


関連記事