HomePodがtvOSベースに変更されていた、その理由は…

投稿日:

by maruuo

これまでiOSベースだったHomePodのファームウェアがtvOSベースになったことが分かりました。

実際、AppleのHomePodのサポートページではこれまで「iOS13.X.X」だった表記が今回のアップデートでは「HomePodソフトウェアバージョン13.4」と記載されています。

なぜtvOSベースなのか?

ファームウェアがiOSベースからtvOSベースになった理由は2つあります。

コンセントに繋がっているかどうか

1つ目はバッテリーの問題です。

iOSはバッテリーの消費を抑える為に様々な仕様が施されています。しかし常時コンセントと繋がっているHomePodはバッテリーの消費量を気にする必要はなく、Apple TVに近いと言えます。

それ故、HomePodはtvOSに移行した可能性があります。

A8チップはサポート外に?

2つ目はHomePodに使われているA8チップの問題です。

A8チップはiPad Air2やiPad mini4に採用されていますが、iOS14ではサポートされない見込みです。

一方、Apple TVには未だにA8チップが使われています。

つまりAppleはtvOSベースのtvOS13.4ではA8チップを引き続きサポートするつもりであり、その為HomePodのファームウェアをtvOSベースにした可能性があります。

なぜ今なのか?

しかしながら今このタイミングでtvOSベースに変更するのには少し不可解です。

これは噂されている廉価版モデルのHomePodが間もなくリリースされることが背景にあるのかもしれません。

つまり新型のHomePodがリリースされるので、その前にtvOSに統一した…という訳です。

新型のHomePodは今年前半に発表されるとされている為、タイミング的にはWWDCが始まる6月頃になると思われます。

参考:9to5mac

関連記事