AppleとGoogleが協力、新型コロナの感染者と濃厚接触した人を検出するプログラムを開発へ

投稿日:

by しんや

AppleとGoogleは現地時間の4月10日に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を食い止めるために、共同で対策へ取り組むことを発表しました。

その一環として、新型コロナウイルスに感染した人から濃厚接触を割り出し検出する技術を共同開発することが明らかになっています。

新型コロナ対策に濃厚接触者の検出技術を開発

AppleとGoogleが共同で行うプロジェクトは、新型コロナウイルスの感染者からその濃厚接触者を検出し追跡するためのソフトウェア開発を含んだものです。

濃厚接触者の特定は、ウイルスの更なる感染拡大を防止する上で非常に重要なファクターであるため、感染者数の減少に役立てたい考えです。

AppleのCEO、ティム・クック氏もTwitter上で「感染者との接触を追跡することはCOVID-19の拡大感染を遅めることに役立つ」とアピールしています。

さらに、この追跡技術はプライバシーを保護したまま実現するために、Bluetoothと暗号化の技術を活用したものになると明言されています。

また、これらのソフトウェアが完成しても、追跡と検知を含む機能は参加する意思を表明したユーザにのみ適用されます。

二段階で行われるプロジェクト

今回のプロジェクトのゴールは、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにウイルスに感染した人と濃厚接触した可能性があるユーザを特定することです。

第1段階として、公衆衛生当局が提供するアプリを利用するAndroidとiOSの端末間で、相互に連携が取れるようにするためのインターフェイス(API)を開発し、5月までに公開する予定です。

そして第2段階の取り組みとして、数か月をかけAppleとGoogleが協力してそれぞれのプラットフォームへ同じ機能を組み込むことで、濃厚接触検出の範囲と精度を向上させる予定です。

これらの取り組みにはプライバシーを最大限考慮して開発され、透明性を確保するために取り組みに関する情報は公開される予定になっています。

Appleの公式声明では「世界が直面する最も差し迫った問題を解決する上で、AppleとGoogle は力を合わせる必要性を痛切に感じています」と述べており、同社は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐためにGoogleと緊密に連携し支援していくと表明しています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事