アプリを買う前に試せるようになる?iOS 14に新機能「クリップ」搭載か

投稿日:

by メカ村

無料アプリはダウンロードすること自体にあまり抵抗はありませんが、有料アプリとなると例え数百円でも買い渋られる事が多く、その理由の多くは「有料でもクオリティが低ければすぐ削除して損をしてしまうから」といったものが多いですね。

そういった事故を極力ユーザー目線で避けるためにレビューなどがあるワケですが、Appleはよりよいユーザー体験のために「アプリをダウンロードせずに事前に機能を体験できる機能」の開発を行っている事が明らかになりました。

アプリを体験してから買えるように

アプリをダウンロードする前に確認できる情報といえば、例えばApp Storeだとアプリの説明文やスクリーンショット、動画にユーザーレビューのみで、他には外部サイトのレビュー記事やSNSの反応、動画サイトの動画などがありますね。

それらの評価がどれだけ良くても、実際に使う自分にとって使えないアプリだった場合は削除するなりしてしまうワケですが、もしかしたらiOS 14からこういった失敗がかなりなくなる可能性が出てきました。

現在AppleがApp Storeに実装しようと開発している「クリップ」は、アプリをダウンロードする前に実際にアプリの主要な機能を体験できる新しい仕組みのようです。

具体的な仕様はまだ明らかになっていないようですが、アプリの主要機能のみをパッケージした最低限容量のアプリをApp Storeアプリでダウンロードして起動するタイプで、ホーム画面にアプリが生成されるものではないようです。

すでにベースシステムは完成しているようで、情報によればYouTube・Sony・OpenTable・DoorDash・Yelpの一部企業にテスト解放し、公開のためのテストを実施しているという情報から、iOS 14で実装されるのでは?と噂になっているようです。

ちなみにこの機能は「クリップ用のアプリ」を別に用意するのではなく、「既存アプリのどの部分にアクセスできるか」をアプリ内コードで指定して使用できるようになるため、アプリを本来以上によく見えるようなプロモーションなどはできないようになっているとの事。

この機能が本当にiOS 14の新機能としてリリースされるかはまだわかりませんが、特に有料アプリなどを体験してから購入できるようになるのはユーザーとしてもありがたく、開発者も無料Lite版などを作る手間がなくなる可能性もあります。

レビューにはサクラレビューや貶めるためのレビューなども紛れていますから、実体験してからアプリをダウンロードできるようになるのはユーザーにとっても開発者にとっても嬉しい機能になるでしょう。

まとめ

筆者も今までに膨大な数の有料アプリをダウンロードしたものの今も使用しているようなアプリは非常に少なく、「数百円の損だからまぁ良いか」なんて思ってましたが累計するとエゲツない金額になるだけに、こうした機能が実装されるというニュースは素直に嬉しいです。

アプリ開発者側に一定の作業を求められる機能ではありますが、おそらく数年内にAppleのアプリレギュレーションで義務化されると思うので、アプリを試遊してから購入できるようになるのが一般化するのはもう間もなくなのかも知れません。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事