Apple製ヘッドホンは6月お披露目?Beats消滅の可能性も

投稿日:

by メカ村

数年前から噂に上りつつも未だに姿を見せないApple製オーバーイヤーヘッドホン、各所の調査やiOSのデータなどから登場を裏付ける情報は多いのですが、新型コロナウイルスなどの影響もあり発売情報についてはハッキリしていませんね。

そんなApple製オーバーイヤーヘッドホンですが、6月に開催されるとみられる完全オンラインのWWDCにて発表されるのではないか?とかなり噂になっているようです。

代わりにBeatsが消える?

今までのApple製オーバーイヤーヘッドホンの存在を裏付ける情報は主に、各種特許関連とAirPodsなどの存在、そして最近になってiOS 14ベータ版のコード内に見られた情報と、一部小売店の在庫データなどにその存在が確認されています。

ここまで情報があって実物のリーク画像や設計図などは全然出てこない状況なのですが、これらの情報を元に6月の完全オンラインWWDCにて発表されるのではないか?という意見が出てきています。

多くのサイトでこのApple製オーバーイヤーヘッドホンは「AirPods Max」と呼ばれており、とある在庫データによればコードネームが「B515」で小売価格が399ドル(約4万3,500円)とAirPodsの後継機などにしては高額すぎると言われています。

そこで「B515」がAirPodsの後継機ではなくApple製オーバーイヤーヘッドホンだと考えられ、各種特許などの情報からワイヤレス充電可能なキャリングケースが付属したワイヤレスオーバーイヤーヘッドホンである、と結論づけられています。

こうした情報を喜ぶ一方で、Appleに買収されAppleのヘッドホンブランドとしてリリースされてきたBeatsが、「AirPods Max」の登場によってその役目を終えてブランドごと消滅するのではないか?と心配されています。

Appleは左右完全独立型のAirPodsとカナル型になったAirPods Proをリリースし、ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホンがラインナップに加わればBeatsの製品をすべてカバーできてしまうためです。

Beats開発チームをそのまま存続させるよりも、AirPodsと統合して自社ブランド品の開発力を底上げし、ブランド名を統一する方がメリットが非常に大きいですから、ある意味当然の予想と言えます。

「AirPods Max」の6月登場予定を喜ぶ声とともに、Appleを支えてきたBeatsブランドが消滅してしまうかも知れないという情報に、ブランド消滅を惜しむ声も出ているようです。

まとめ

まだ確定情報ではないので「AirPods Max」登場もBeats消滅もなんとも言えないワケですが、確かに「AirPods Max」が登場したらApple がBeatsブランドを終了する可能性は低くはないでしょう。

Beatsブランドが消滅することで比較的安価なAppleブランドのヘッドホンが手にできなくなる可能性が高くなりますが、ブランドが統合されれば廉価版「AirPods Max」なんかも登場するかも知れませんね。

参考:iDROPNEWS

関連記事