iOS 14でホームウィジェットが実現する?コンセプト画像が公開される

投稿日:

by メカ村

問題がなければ今年の秋に公開されるであろうiOS 14、最近は細かな機能の実装が主で見た目に劇的な変化などありませんでしたが、iOS 14へのアップデートで見た目にも非常に大きく変わるかも知れません。

すでに各所でiOS 14からホーム画面をAndroidのようにカスタマイズできるとの情報があるのですが、そのコンセプト画像などが公開され話題となっています。

アイコンをウィジェットに変更

アメリカのオンラインメディアBuzzFeedのプロダクトマーケティングリーダーであるパーカー・オルトラニは先日、iOS 14で追加されると噂のホームウィジェット機能のコンセプト画像などを公開しました。

コンセプトでは「SpringKit」と名付けられたフレームワークを利用し、Appleが実装するであろうホームウィジェットについて画像で表現されています。

「SpringKit」はアプリアイコンそのものの表示をウィジェットに置き換える仕組みと想定されており、通常のアイコン表示・リアルタイムで情報表示するウィジェット(アイコン2横個分)・フルサイズのウィジェット(アイコン4横個分)が描かれています。

例えば天気予報アプリならアイコン2個分のスペースで気温と対象地域を、カメラアプリならインカメラとアウトカメラを選択できる拡張アイコン、アクティビティアプリのフルサイズなら進行度を表示したり、といった具合です。

このウィジェットへの変更は、ホーム画面で対象のアプリを触覚タッチまたは3D Touchで呼び出したメニューで設定できる想定で、Twitter動画でその仕組みを説明しています。

触覚タッチまたは3D Touchで呼び出したメニューにはアプリが対応しているウィジェット表示メニューが追加され、それをタップするだけで簡単に変更できるようなイメージです。

もちろんこれはあくまでコンセプトですし、「SpringKit」も想像上の産物でしかありませんが、長年ユーザーから要望のあったウィジェットがこのような形で実装されるなら歓迎されるでしょうね。

Appleがどのような形でホームウィジェットを提供するのか、あるいは実装を見送るのかはおそらく9月頃に行われるであろうWWDCでハッキリするでしょう。

まとめ

正直もう諦めている人も多かったと思うウィジェットですが、iOS 14で実装されればますます便利になりますし、脱獄の必要性はさらに減っていく事が予想されます。

一部ではこの機能がすでにiOS 14のベータ版に組み込まれているとの声もあるのですが、今のところ真偽はハッキリしておらずベータ版が一般開発者に公開されるまで待つしかなさそうです。

参考:9TO5Mac

関連記事