iPhone SE 2はiPhone 7/8と画面一緒?公式サイトの販売ページで明らかに

投稿日:

by メカ村

様々な噂やリーク情報などが出回っているiPhone SE 2、名称や形状、各種スペックなど様々に報じられているのですが、画面サイズはiPhone 7/8と一緒なのかも知れません。

実は昨日未明、Appleのオンラインストアで販売されているiPhone 7/8用のスクリーンフィルム商品名に、iPhone SEが追加されているとしてニュースとなっています。

原型はiPhone 7/8ベースか

昨日未明から、Appleのオンラインストアで販売されているBelkin社の「InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone」の商品名に、「iPhone SE/8/7」と表示されている事が確認されました。

数字の並び順から考えてもコレは近々発表・発売されると噂の新しいiPhone SEの事で間違いなさそうですし、表記から見て商品名は「(新しい)iPhone SE」になりそうです。

MacやiPadではナンバリング表記の無いシリーズも少なくなく、商品名をそのままiPhone SEにしてシリアルや「新しい」「2020年モデル」といった表記で対応する可能性も十分考えられます。

今までにiPhone SE 2の情報はアレコレ色々言われていましたが、商品名はiPhone SEでデザインはiPhone 7/8ベースと見てほぼ間違いないのではないでしょうか?

今回話題となっている「InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone」は、画面以外の部分の部分も保護するタイプのフィルムなので、もし共通で使えるなら少なくとも画面側のパネルはiPhone 7/8と共通の部品の可能性が高いです。

サイドやバックパネルがどうなるかはわかりませんが、外装については以前のiPhone SEがほぼiPhone 5Sと同じものだったので、同じ展開ならiPhone 7/8と一緒で中身が違うパターンかも知れません。

また最近AppleはiPhoneの外装素材に関する特許も複数取得しており、iPhone 5Cのようなポリカーボネートやメタクリル樹脂のようなプラスチック素材になる可能性も否めません。

公式でこのような表記が一瞬でもされたという事は、発表と発売はもう間も無くと思って良いのではないでしょうか?

まとめ

新しいiPhone SEに期待しているユーザーは世界中でかなりいるようですが、それは主に小型化を望む声だったのでiPhone 7/8とほぼ同型だとガッカリする人も多いかも知れませんね。

Appleのオンラインストアで今回のミスをしたのがApple社員なのか、あるいはBelkin社の社員なのかで情報の信用度がかなり変わってくるのですが、Appleが自社ページを他社が操作できるようにするとは考えにくいので、かなり確度の高い情報だと考えられています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事