Apple、公式動画でうっかりAirTagの存在を明らかに

投稿日:

by maruuo

AppleはYouTubeに「How to erase your iPhone(iPhoneを消去する方法)」というタイトルの動画を公開しました。

しかしながら、現在この動画は非公開に…。

その理由は動画内に紛失防止タグ「AirTag」の存在があったからだと言われています。

非公開となったYouTube動画ではiPhoneを工場出荷時の状態に初期化するための方法が紹介されていました。

この中で「Enable Offline Finding(オフラインで探すを有効化する)」という項目があり、その説明文に「オフラインでの探すを有効化することで、デバイスやAirTagをWI-FIやモバイル通信無しでも見つけることができるようになる。」と記載されていたのです。

AirTagは超広帯域無線(UWB)を活用できることから、iPhone11シリーズはU1チップで数十㎝程度の誤差で対象物を発見できるようになるとされています。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleosophy.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事