iPhone 12 Pro Maxのカメラは綺麗になって手ぶれ補正強化?発売は例年より遅れる見込み

投稿日:

by メカ村

スマホにカメラ性能が求められるようになって久しいですが、最近ではスマホに搭載するにはオーバースペック気味な高品質なものを搭載するデバイスも少なくなく、iPhoneも最近ではカメラにかなりの力を入れています。

そして今年発売されるであろうiPhone 12 Pro Maxについて、カメラの撮影結果はより綺麗になり、手ぶれ補正も強化されるとの話なのですが、発売自体は遅れる見込みのようです。

イメージセンサー大型化とセンサーシフト

撮影した写真の綺麗さを決定づける要素の1つであるイメージセンサーは、基本的に大きければ大きいほど綺麗な写真を撮影する事が可能となっており、iPhone 8やXは1/3型(5.3×4mm)、iPhone XS/XR/11は1/2.5型(5.7×4.3mm)のセンサーを積んでいます。

このセンサーがiPhone 12 Pro Maxでは1/1.9型(サイズ比不明)と歴代で一番大きくなり、コンデジの上位機やハイエンドモデルと並ぶ性能を獲得した事になります。

また手ぶれ補正についてですが、現在は補正レンズが手ブレの動きを吸収して動くレンズシフト式から、イメージセンサーそのものを動かすセンサーシフト式に切り替わるそうです。

レンズとセンサーのどちらを動かすかでどのような違いが出るかですが、レンズの場合は補正レンズを追加するだけで導入できるものの、レンズ代が高く結果的にカメラの出っ張りや幅が大きくなってしまうデメリットがありました。

センサーの場合はセンサーに機械的な動作をするパーツを製作・搭載する必要があるので技術力が必要なのですが、それさえクリアできれば高価な補正レンズを使う必要もレンズ部の厚みや幅を小さくする事も可能にします。

またジャイロセンサーと連動した自動水平撮影機能、シャッター時にイメージセンサーを0.5pxずつズラして複数枚撮影し、それを合成する事で搭載しているイメージセンサーの性能以上の高画質写真を撮影できる、ハイレゾショットなどの機能を盛り込めるようにもなります。

しかし残念な事に新型コロナウイルスの影響でプロトタイプの作成すらできておらず、今年5月開始を予定していたiPhone 12生産開始も2ヶ月ほど遅れた7月以降の見通しとなっており、発売時は今まで以上の品薄状態の可能性が示唆されています。

この影響を受けWWDC自体も9月ではなく10月や11月にずれ込むといった情報もあり、お披露目やユーザー提供はいつもよりかなり遅れるとの事です。

まとめ

いよいよコンデジのハイエンドモデル並みになってきたiPhone、それゆえにお値段を聞くのもちょっと怖いですしカメラをそこまで重要視していないユーザーにとっては悲報に近いかも知れませんね。

また発表や発売も2ヶ月以上遅れる見通しとなっており、新型コロナウイルスのパンデミックが収束しないはそれ以上の遅延の可能性も考えられるだけに、最近のリークの少なさも納得の現状と言えるでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事