FoxconnはiPhone 12の生産に必要な十分な数の労働者を確保

投稿日:

by しんや

Foxconnは、iPhone 12生産のために必要な労働者を雇うことに成功したと報じられました。

iPhone 12の生産に関してはコロナウイルスの影響で大幅な遅れが出ており、予定されていた時期よりも遅れて登場する可能性もあると言われています。

Appleの主要な組み立て工場の生産が回復

日経アジアンレビューは、iPhoneの組み立て工場であるFoxconnが現時点で必要な需要を満たすために十分な労働者を雇ったと報じています。

FoxconnはAppleの主要なサプライヤーの一つですが、COVID-19(コロナウイルス)の影響で通常通り稼働していませんでした。

しかし、ようやく工場の一時的なシャットダウンから回復し、iPhone 12の量産を行う準備ができたと考えられます。

また、レポートでは、iPhone 12の生産が秋のリリースに備えるため7月にピークへ達する見込みだと述べています。

もしもこのまま順調に行けば、時期の延期なくiPhone 12が発売される可能性も十分に考えられます。

ただし、2月と3月のFoxconnの生産量は予定の約半分の水準にあると考えられており、予定されていた量に達するにはまだまだ増産が必要だと指摘されています。

その他の工場の生産状況は不透明なまま

もちろん今回の話はFoxconnに限った話であるため、Appleが抱えるそのほかのサプライヤーの状況次第ではiPhone 12の予定通りの発売は容易ではありません。

それでも、2021年まで持ち越されるなど最悪のシナリオは回避できる可能性は低くなりました。

中国では徐々にコロナウイルスの影響がおさまりつつあるという見方もあるため、案外iPhone 12は予定通り発売されるかもしれませんね。

また、iPhone 9の発売予定時期についてはまだまだ不透明のようです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事