iOS 13にはデザリングの不具合があることが明らかに、対応策は?

投稿日:

by しんや

Appleは、iOS13/iPadOSにインターネット共有機能(テザリング)の不具合があることを認めました。

デザリングに関する不具合はiOS13から頻繁に報告されていましたが、ようやくAppleも対策に乗り出していることが確認されました。

iOS13のインターネット共有に不具合があることが確認される

Appleは、正規サービスプロバイダに対してインターネット共有が利用できないケースや、頻繁に切断されるケースが多発する可能性を文章で伝えました。

また、一般的なデータ通信の問題も発生している可能性があるとしています。

デザリングに関する不具合はiOS13になってから頻繁に報告されるようになっていましたが、この問題に関してAppleの公式の反応が確認できたのは今回が初めてです。

Appleによればこの問題はハードウェアが原因ではなく、あくまでソフトウェアの不具合であることが確認されています。

もちろんこれは、将来的なソフトウェアのアップデートにより対応予定とのことです。

そのため、Appleは問い合わせに対して、ソフトウェアを最新の状態に保ち続けるように案内しました。

テザリングができない時の対応方法

さらに、Appleはサービスプロバイダに対し、「インターネット共有」をオフにしてオンに戻す方法を案内しています。

方法は非常に簡単で、設定から「インターネット共有」を選択し、「ほかの人の接続を許可」を切り替えるだけです。

また、詳しい方法や他の手段はAppleの公式サポートページにも書かれています。

サポートページでは「ネットワークの設定のリセット方法」なども紹介されていますが、こちらはWi-Fiパスワードの再設定などが必要になるため、最終手段として置いておきたいものです。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:MacRumors

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事