スマートグラスの大きな障害クリア?Appleが可動式オーディオシステム特許出願

投稿日:

by メカ村

数年前から出る出る言われて一向に出てくる兆しのないApple製のスマートグラス、多数の噂や特許情報があるにも関わらず全然リーク情報などは出ておらず、本当にAppleが出すつもりなのかも疑わしくなってきました。

しかしどうやら開発自体は確かに行なっているようで、今回はスマートグラスの大きな問題点を解決しうる特許の出願が確認されました。

音声問題の解決

Appleは先日スマートグラスやヘッドマウントディスプレイなどのスピーカーに関する特許、「マルチモーダルオーディオコンポーネント」についての特許出願を行なっている事が明らかになりました。

「マルチモーダル」とは複数の感覚を脳が統合処理して環境や現象などを知覚する情報処理の事で、今も謎が多く研究の進められている分野の1つです。

ある研究では、単に「音声のみを聞く」場合と「唇の動きとともに聞く」場合、言葉の認識率が「唇の動きとともに聞く」場合の方が高いといった結果が出ており、1つの感覚よりも複数の感覚で知覚した方が情報を適切に処理できる事が確認されています。

現行存在しているスマートグラスにはその構造上適切なスピーカーを搭載できているモデルは存在しておらず、上記にある認識率を向上させられそうな音声の追加は眼鏡型ウェアラブルデバイスの課題となっていました。

Appleはこれを可動式の小型スピーカーで解決するつもりのようで、ヘッドホン型やイヤホン型ではないことから指向製スピーカーである可能性が高く、使用しない時はフレーム内に収まるような構造のようです。

可動するスピーカーは伸縮機構も想定されており、位置を自由に調整できるので人の耳の形状や位置に左右されずに使用でき、かつ耳に蓋をするワケではないので環境音などを遮断することなく使えるようです。

また詳細は不明ですがカウンター式のノイズキャンセリング機能も搭載が想定されているようで、VRやAR、MRといった没入型コンテンツを楽しめるようにも設計されているようです。

多くの噂がありながら未だ影も形も見せないApple製スマートグラス、早く見てみたい人も多いのではないでしょうか?

まとめ

今までに確認できている特許情報などを総合すると信じられないくらい高度なデバイスになる見立てで、正直発売されても一般人が興味本位で購入できるような金額にはならないような気がしなくもありません。

アナリストらは「スマホに代わる次世代デバイスになる」としているようですが、果たしてスマホにとって代わるのにはあと何年かかるんでしょうね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Patently Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事