次世代Apple Pencil大幅進化の予感!MacBook ProのTouch Barのような機能搭載か

投稿日:

by メカ村

iPad Proをデザイナーや漫画家にとってより実用的なデバイスに押し上げたApple Pencil、iPad Proそのものの魅力もありますがApple Pencilの存在はiPad Proの人気を語るには外せない存在であり、プロも愛好する商品となっています。

Apple Pencilは今までに1回だけハードウェアアップデートを行なっているものの、大幅に機能が向上するような変化や見た目の変化はなかったのですが、次世代モデルは目を見張るほどの進化を遂げるかも知れません。

Touch Barがサイドにある?

Appleは先日、Apple Pencilの素材と新しいハードウェアを追加する新たな特許を申請しました。

まずは素材ですが、ペン先付近から指で握りこむ部分まで透明なガラス素材に変更する記述があり、この情報だけを鵜呑みにするなら透明素材のApple Pencilがリリースされるような感じですね。

もう1つの新しいハードウェアについてですが、これはMacBook Proに搭載されているTouch Barのようなマルチタッチに対応したハードウェアを追加する特許です。

前述のガラス素材と合わせて使用できるハードウェアで、Apple Pencilを握りながら今までにできなかった様々な操作、機能の切り替えや調整などがきるようになります。

例えばApple Pencilを握ったまま人差し指を画面上でスライドさせてペンの太さを調整したり、ペンから選択ツールや塗りつぶしツールにアイコンをタップして切り替えたり、筆圧感知や角度感知のON/OFFなどができるようになるでしょう。

描画作業が多ければ多いほど、こういった小さなショートカットで節約できる時間や手間感が大きくなりますから、デザインや漫画などの仕事でiPad ProとApple Pencilを使っているプロの方にとっては非常に嬉しい機能になりそうです。

価格がそれなりに上がってしまうか、あるいはApple Pencil Proのようなハイグレードモデルで登場するかはわかりませんが、より便利になるApple Pencilの需要はかなりのものと考えられます。

バッテリーの持ちや対応デバイスなども気になりますが、Appleが正直このデバイスを本当にリリースするかはまだわかりません。

まとめ

1面だけTouch Barっぽくなるのか、全面で使用できるのかはわかりませんが、他のスタイラスペンにはないかなり便利なデバイスに進化することは間違いないでしょう。

一部がガラス素材になる事で今までと見た目も大きく変わりそうなので、デザイン面にも注目が集まりそうですね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:appleinsider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事