6月に開催されるAppleのイベント「WWDC」はオンラインで開催されることが決定

投稿日:

by しんや

AppleはWWDC 2020(世界開発者会議)をオンラインで開催すると発表しました。

これはコロナウイルスの拡大にともなう対策で、同イベントがオンラインで開かれるのは史上初となります。

WWDC 2020は初のオンラインで開催が決定

WWDC 2020(世界開発者会議)ではiOS14やmacOSをはじめ、各種OSのメジャーアップデートが発表される見込みでした。

ところが、Appleは現地時間3月13日に、WWDC 2020の開催をオンラインのみで行うと発表しました。

前例のない今回の事態に対して、いろいろな企業がこれまでにない対応を実施していますが、Appleもその例外ではなかったようです。

例年6月に開催されているこのイベントがオンラインで開催されるのは初めてのことです。

Appleのマーケティング担当上級副社長は、

「昨今の状況を踏まえ、新たな形式のWWDC 2020を計画する必要がありました。基調講演やセッションはオンラインで提供され、世界中の開発者コミュニティの人々に、素晴らしい学びを提供します」と語りました。

コロナウイルスの影響でGoogleも同社の大規模なイベントI/Oの中止を発表していましたが、Appleも人を集めてのイベント開催は厳しいと判断したようです。

そして、WWDCが中止されるため会場を提供する予定だったサンノゼ市は、その会場の使用料による収入を完全に失うこととなりますが、Appleはその補填として100万ドル(約1億円)の支払いをすると発表しています。

また、オンラインイベントの開催時期については単に6月と発表されており、詳細は追って知らされることになるでしょう。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Apple

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事