iPhone12には3Dカメラ(ToFセンサー)搭載は確定的、少なくとも1モデルには

投稿日:

by maruuo

iPad Proにも搭載されると噂されているToFセンサーがやはりiPhone12にも搭載される模様です。

信頼できる情報筋がFastCompanyに3Dカメラ(ToFセンサー)についての情報を提供しました。

ただしiPhone12の全モデルかどうかは今の所不明です。

AppleのToFセンサーに対する取り組み

ToFとはTime Of Flightの略称で、光を 照射して反射が帰って来るまでの時間で三次元情報を計測するセンサーのことです。

ToFセンサーって何?スマートフォンのカメラが大きく進歩する鍵になりそう

Appleのエンジニアは少なくとも2年前からToFセンサーへの取り組みを開始しています。

その理由として既存のTrueDepthカメラでは”ボケ”に微妙なズレが生じることと、Appleが注力しているAR機能をより一層強化する為です。このAR機能を活かした強力なARアプリが今秋には登場予定だそうですよ。

ToFセンサーを生産するのはLumentum社ですが「まだ発表されていないデバイスでのレーザー技術の使用については議論しない」とFastCompanyに回答しています。

iPhone12のカメラは6400万画素となり、ToFセンサーを搭載することで大きな進化を遂げることになりそうです。

iPhone12のカメラは6400万画素と大幅にパワーアップとの情報

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事