Apple製オーバーイヤーヘッドホン発売確定?iOS 14コード内にそれらしい情報

投稿日:

by メカ村

かねてより開発、発売が噂されているApple製のオーバーイヤーヘッドホン、もしかしたら今年のWWDCにて発表されるかも知れませんよ。

なんとiOS 14のコードの中に、これらの存在をほのめかすアイコン画像データが見つかったようなんです。

ヘッドホンは白の黒の2色?

かねてから多数のオーバーイヤーヘッドホンに関する特許などを取得申請しているApple、噂されている内容や特許の申請内容などを統合すると、かなり高性能で高価な商品になるのでは?と噂されています。

ただし今までにサプライヤーからそういったリークもほぼなく、実物やプロトタイプの画像なども一切出回っていない状況で、例え開発をしていたとしても「いつ発売されるのやら…」といった感じでした。

しかし先日、iOS 14のバッテリーや充電に関するウィジェットのコード部分に、AirPodsやBeatsのヘッドホンアイコンとは異なる2種類のアイコン画像が存在している事が明らかとなりました。

このアイコンは基本的にアクティブ状態(Bluetooth接続状態など)でしか表示されないタイプのもののようで、おそらくアクティブ/非アクティブの2種類ではなく、2色のヘッドホンが展開されると仮定されているようです。

噂や特許関連の情報を加味すると、基本的にこのオーバーヘッドヘッドホンはワイヤレス接続のワイヤレス充電方式となっており、キャリングケースにも充電機能が備わっているものと考えられています。

また、各種コントロールは物理ボタンなどではなくイヤーカップ部分にタッチセンサーを搭載し行うと考えられており、高度な防水防塵性能を有している可能性もあるでしょう。

このヘッドホンが本当にiOS 14と同時にリリースされるかは断定できませんが、AppleがiOSシステムに情報を組み込む段階まで開発が進んでいると見るのは問題ない段階なのだと思われます。

iPhone 4の頃から待望する声の多いApple製オーバーヘッドヘッドホン、早くどのような製品なのかみてみたいですね。

まとめ

AirPodsももちろん悪くないのですが、イヤホンよりもヘッドホンが好きな人は筆者を含めかなりの数がいるはずですから、リリースされればしばらく品薄になるレベルで売れる事が簡単に想像できますね。

ただ情報を統合するとかなり高価な製品になりそうですから、日本でもし発売されるなら3万円〜5万円くらいは覚悟しなくてはならない可能性も否めないでしょう。

参考:MacRumors

関連記事