将来的にiPhoneはバッテリー交換式になる?EUがコネクタに続き電池についても規制か

投稿日:

by メカ村

以前は多くの要望があったiPhoneのバッテリー交換式化、最近では大容量化や防水の実装などもあって望む声はほとんどなくなったように思うのですが、もしかしたら交換できるようになるかも知れません。

充電端子の件と同様に、EU連合がスマホのバッテリーをユーザーによって取り外しできる仕様にしなくてはならない決まりを作ろうとしている事が明らかになりました。

3月に正式発表か

オランダのビジネス誌であるHet Financieele Dagbladは先日、EU連合がEUで圏内で販売されるすべてのスマホに対し、バッテリーがユーザーでも取り外しできる仕様を義務化しようとしている資料をリークしました。

今更バッテリー交換式を望む声はほとんどないと考えられるのですが、仮にこの義務が法令として発令されると以後発売されるスマホはバッテリーがユーザーによって取り外しできる仕様でない限り、販売を禁止される恐れがあります。

似たようなものにスマホの充電端子統一の話がありますが、Appleはこの件について「自社変換コネクタで対応」を長年実施し、業を煮やしたEU連合が「充電コネクタを統一」を「普遍的な充電コネクタ搭載の義務」に変更し物議を醸しました。

今もAppleは自社規格であるLightningをiPhoneに搭載しており、「自社変換コネクタで対応」しているからとりあえず販売できている状態ではあるのですが、「バッテリー交換式義務化」まで入ったら離脱するか、バッテリー交換式iPhoneを作らなくてはならなくなります。

iPhoneをバッテリー交換式にする事には大きなデメリットが多数挙げられており、下記がその抜粋になります。

  • バッテリー容量低下
  • iPhoneの厚みが極端に大きくなる
  • 防水機能の実質的廃止
  • 大幅なデザイン変更
  • ハードウェア搭載制限

取り外し機構のためにバッテリーや内部フレームに一般人が触れても問題がないような構造を作らなくてはならないので、単純にバッテリースペースが減少して容量低下・厚みの増加・ハードウェア搭載制限の可能性は避けられず、取り外し機構のために防水機能を廃止したりデザインの大幅変更が必要になるでしょう。

そしてメリットがバッテリー交換が手軽にできるようになるだけなので、Appleにとってもユーザーにとっても全然面白くない結果を招きそうなのは言うまでもないですね。

この義務化については3月に発表を予定しているようですが、Appleのみならずスマホ各社やユーザーからの批判は避けられないものとなるでしょう。

まとめ

EUの様々な制限はスマホに限らず各業界にいくつも存在しており、筆者の本業でも仕入れる商品に一般向け・EU圏向け(若干低性能)というバージョンが存在しているくらいで、EU=色々厳しい感が否めません。

今更バッテリー交換式もどうかと思うのですが、果たしてこの法令を喜ぶユーザーはいるんでしょうか…?

参考:MacRumors

関連記事