ソフトバンクの「メリハリプラン」が実際お得なのか調べてみた結果

投稿日:

by メカ村

Softbankは3月12日より、新しいデータ定額系のプランとなる「メリハリプラン」などをリリースし、既存の一部データプランの新規受付を廃止する事を発表しました。

既存の「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」などと比べて、新しい「メリハリプラン」のメリット・デメリットはどうなっているのでしょうか?

メリハリプランはウルトラギガモンスター+と似てるかも

新しくリリースされる「メリハリプラン」の特徴を調査し、まとめたものは下記の通りです。

  • 3月12日スタート
  • 毎月50GBまで使える
  • 動画SNS放題で無料通信あり
  • データ量が2GB以下の場合1,500円割引
  • データ量2GB以上 6,500円/月
  • データ量2GB未満 5,000円/月
  • データシェアプラス不可っぽい

ほぼ「ウルトラギガモンスター+」と一緒なのですが、このプランのお得な特徴として「データ量が2GB以下の場合1,500円割引」がプッシュされているものの、コレには大きな落とし穴があります。

この「データ量」には「動画SNS放題」で使用料にカウントされない通信分も含まれており、例え有料通信が0GBだったとしても無料通信を含む総通信量が2GBを超えれば1,500円割引は適用されません。

このプランをお得に使うなら常に全通信で毎月2GB未満にしなくてはならず、実際に適用されるユーザーはほぼほぼ存在しないでしょうし、なんなら他のプランにする方が賢いと言えます。

また現時点で家族間で残りデータ通信量をシェアできる「データシェアプラス」が適用できないようなので、今まで家族間でデータ通信量をやりくりしていた人たちにとってはデメリットしかない事になります。

つまり毎月かなりの通信を行い家族で通信料をシェアしているなら、確実に「ウルトラギガモンスター+」据え置きの方がお得であると言えます。

この「メリハリプラン」に合致する人は文字通り、月ごとに極端に通信したり通信しなかったりするメリハリのある使い方をする人だけだと言えますね。

これから新しくSoftbankを契約する人も、プラン変更を考えている人も3月11日までに「ウルトラギガモンスター+」で契約する方が良いでしょう。

まとめ

正直メリットと言えるメリットが見当たらず(2GB以下の場合1,500円割引が無理ゲー)、Softbankが早々にお得な既存の一部データプランの新規受付を廃止するのも納得の結果と言えます。

もし悩んでいる方がお近くにいる場合は、ほぼほぼメリットが無いのでなるべく「ウルトラギガモンスター+」を勧めてあげてくださいね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Softbank

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事