ミステリー映画で真犯人はiPhoneを持てない

投稿日:

by maruuo

たびたび映画でも目にするiPhone、実はミステリー映画では犯人役の人はiPhoneを持つことができないようですよ。

LOOPERやスター・ウォーズ/最後のジェダイで映画監督を務めたライアン・ジョンソン(Rian Craig Johnson)氏によるとAppleは”悪役”にiPhoneを持たせることは許可していないとのこと。

つまりミステリー映画の場合、犯人役はiPhoneを持つことができない為、iPhoneを持っている人は犯人にはなりえない訳です。

ただし映画に出てくるiPhoneの表現の仕方について、(金銭的なやり取りがなければ)法的にはAppleは文句を言える立場にはありません。

しかしながらAppleからのクレームを恐れたり、映画の演出に使うApple製品の無償提供があるなどするケースがあるため自主的に悪役にiPhoneを持たせることを避けているケースが多いようですよ。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

参考:arstechnica.com

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事