MacはApple製の独自プロセッサを導入へ

投稿日:

by maruuo

著名なアナリスト、ミンチー・クオ氏によると今後12ヶ月から18ヶ月以内にAppleの自社製プロセッサを搭載したMacが発売されると投資家向けのレポートとで発表しました。

今年後半に発売されるiPhoneやiPadには5nmチップが搭載されると予想されていますが、次期Macのプロセッサにこの成果が大きく活用されることになります。

つまりiPhoneやiPadと共通の設計を持つプロセッサを導入することで、A13Bionicのような省エネ化と高パフォーマンスが期待できるようになります。

A13Bionicは一部のベンチマークで市場に出ている多くのノートパソコンを上回っています。またAppleが独自に開発を進めることで、Mac本体がいくらか安くなり進捗が遅れがちなIntelの開発を待つ必要がなくなります。

そしてセキュリティ面においてはIntelほど問題は表面化しないでしょう。

これは期待ですね!

A14チップを搭載したiPhone12はMacBook Pro15インチと同等レベルの処理能力を持つように

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事