Appleは業績悪化の見込み、原因はもちろん新型コロナウイルス

投稿日:

by しんや

アップルは現地時間の月曜日午後に声明を発表し、2020年1月〜3月の業績が予測を下回る見通しだと説明しました。

原因はもちろん新型のコロナウイルスにあり、中国での売り上げ低下が大きな要因とされています。

コロナウイルスの影響で四半期の業績は悪化する見込み

Appleは現地時間の2月17日(月曜日)に発表した投資家向けのメモによると、業績悪化の主な要因は二つありました。

中国国内における需要の低下と、工場閉鎖による部品の供給不足です。

需要低下による売り上げ減少

一つ目の需要低下は、中国国内などを中心としたApple Storeに来客する人が大幅に減少したと伝えられています。

中国政府の厳格なコロナウイルス対策により一部の地域では人々の外出が規制されていることや、それに合わせて多くの人が無闇な外出を控えていることの影響です。

Appleも「中国の全店舗と多くのパートナー店舗が休業しました。さらに、オープンしている店舗でも、時間が短縮され、顧客の流れが非常に少ない時間帯のみ営業しています。」と述べ、需要低下が引き起こされた原因を説明しました。

ただし、徐々に店舗が再開し始めており、今後は少しずつ改善していくと期待されています。

工場の稼働率に部品の供給不足

また、工場閉鎖による供給不足も深刻です。

旧正月が明けてからも、一部の工場は閉鎖されたままで部品の供給が安定していない状況が続いています。

これについては、Appleも「各地で作業が再開され始めていますが、予想していたよりも通常の状態への復帰が遅くなっています」と述べており、十分な需要を満たしていないことがわかります。

もちろん、Appleとしては、従業員の健康を最優先にする必要があるため、工場再開には今後も慎重に取り組んでいくと話しており、一時的にiPhoneの収益は悪化するだろうと説明しました。

このように、需要の低下と、工場閉鎖による部品の供給不足がAppleの業績悪化につながっているのですが、もちろんその全ての原因はコロナウイルスと考えて間違いないでしょう。

状況は刻一刻と変化しているため、より詳しい情報については4月に開かれる決算の発表時に提供される予定です。

参考:AppleInsider

関連記事