iPhone12は少しだけ分厚くなるかも?クアルコムの5Gアンテナが原因

投稿日:

by しんや

AppleとQualcommは2017年から訴訟合戦を繰り広げてきましたが、昨年ついに和解しました。

和解に進んだ主な理由として、Appleがアメリカでの5G拡大を目指すためにはQualcommとの協力が不可欠だったからと言われています。

しかし、このQualcommが提供する5GアンテナのモジュールはAppleが要求する薄さを満たすことができず、その影響でiPhone12は少しだけ分厚くなるかもしれません。

Qualcommの5Gアンテナは小型化に苦戦

Fast Companyの匿名の情報源によると、Qualcommの5GアンテナはAppleが2020に発売するiPhoneの予定された厚さでは収まらないことが分かっているようです。

Apple balked at the QTM 525 millimeter-wave antenna module offered to it by Qualcomm because it doesn’t fit into the sleek industrial design Apple wants for the new phone, a source with knowledge of Apple’s plans told Fast Company. 

Appleは、Qualcommから提供されたQTM 525ミリ波アンテナモジュールを拒否しました。iPhone12に求めている洗練されたデザインにはフィットしないためだと内部情報に詳しい人間がFast Companyに語りました。

つまり、現在Appleに提供されているQualcommの5Gアンテナでは、AppleがすでにデザインしているiPhone12の端末サイズに収まりきらない可能性があるのです。

2019年末から2020年にかけて世界各地で5Gの普及が進んでおり、すでにAppleのライバル企業であるサムスンは5Gに対応したスマホを発表しています。Appleがその分野で遅れを取っていることは明白です。

このような遅れの中では、性能で劣ると評価されているIntelのモデムやアンテナを採用するわけにもいかず、たとえQualcommがAppleの要求をみたいしていないにも関わらず完全に切り捨てることができない状況です。

Appleも独自で5Gアンテナを開発中

もちろん、AppleもただQualcommの開発を見守っているだけではありません。同社もまた、独自のアンテナ開発を同時並行で進めています。

しかしながら、ミリ波(mmwave)5Gデバイスに必要なアンテナは通常、他の種類のアンテナよりも設計が困難です。

そのため、設計や製造の過程で許されるミスは極めて少なく、より高度な設計と製造の技術が要求されます。

もしも、完全にAppleが独自で開発することになれば、iPhone4と同様に様々な通信の問題を引き起こすリスクがあるのです。

そのため、同社もQualcommのモデムとアンテナの両方を使用したiPhone本体の設計を行っており、最終的にそれが採用された場合、当初予定されていたよりも分厚くなったiPhoneが発売されるかもしれません。

そして、5G対応のスマートフォンで遅れをとっているAppleには失敗が許されないため、デザインよりも性能を優先した慎重な判断を下す可能性は十分に高いと考えられます。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone12の最新の情報はコチラで詳しくまとめています。

iPhone12のスペック、発売日と価格まとめ

参考:9TO5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事