iOS13.3.1はバッテリー持続時間が減少している

投稿日:

by maruuo

iOSはアップデートの度にチューニングがされており、バッテリーの持続時間が変更することが多いです。

iOS13.3.1は機能の改善がメインとなっていたせいか、バッテリーの持ちが少し悪くなるようです。

バッテリー持続時間を比較

iAppleBytesがiPhone SE、iPhone6S、iPhone7、iPhone8、iPhone XR、iPhone11を使って各種バッテリーの持続時間を比較しました。

バッテリーの持続時間は、意図的に一定の負荷をかけるアプリを使用しています。

テスト開始後、iPhone SEから順にバッテリーが0になっていきます。

予想通り最後まで残ったのはiPhone11でした。

結果は以下の通りです。

※iPhone11は今回が初の検証になるので、一覧からは省かれています。

iO13.3 iO13.3.1
iPhone SE 3時間5分 3時間7分
iPhone6S 3時間22分 3時間19分
iPhone7 3時間53分 3時間45分
iPhone8 3時間33分 3時間32分
iPhone XR 6時間17分 6時間6分

iPhone SE以外の全ての端末でバッテリー持続時間の減少が確認できました。

数%程度の減少なので、気にするほどではありませんが古い端末を使っている方は念の為、モバイルバッテリーを持って行くと良いかもしれませんね。

【iOS13.3.1の変更点】アップデートしたらどうなった?不具合や新機能をチェック

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhone11シリーズをコスパでガチ検証しました。

iPhone11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事